2020/08/07

国民のガス抜きとスピン報道のための文春砲 卑怯な雑誌・週刊文春の正体






MicroOne / PIXTA(ピクスタ)



雑誌・週刊文春が取り上げる文春砲は、東出昌大さんや渡部建さんの不倫をスクープしたように、世間ではもうお馴染みとなっているようです。

不倫報道は様々な意見があるものの、有名人に対する興味・嫉妬・羨望・ルサンチマンなども重なり、巷では話のネタとしては盛り上がります。

私の考えとしては、不倫は個人的な問題であり、また夫婦間の問題であり、全く関係のないの第三者である週刊誌の記者が、さも自分たちが正義であるかのように追及することは間違っていると思います。


週刊文春は、過去小室哲哉さんの不倫についても執拗に追及し、世間から大々的にバッシングを受け、編集長が見苦しい言い訳をし、記事をこっそりネットから削除したにも関わらず、いまだに懲りず、芸能人の不倫を暴いているようです。

そんな他人のプライベードに土足で踏み込み、第三者へと激しく攻撃する週刊文春ですが、自分たちへの批判はなかったことにしてしまうような卑怯な雑誌です。