2020/05/03

昭和の怪人と呼ばれた今東光和尚と私










岩手県 中尊寺 金色堂

なっちゃん / PIXTA(ピクスタ)



人は人生を歩んでいくなかで、様々な人に出会います。

そしてその中には、自分の生き様や言動に影響を与えてくれる人物が、必ずどこかにいます。


尊敬する人・憧れの人・師匠・ロールモデル・メンター


このように様々な言い方があり、自分の人生を根底から変えてしまう人も中にはいるかもしれません。

またそれは、実在しない本の中で接する人物のケースもあるでしょう。







私にとって師匠と呼べる存在は、天台宗の僧侶で、作家や参議院議員も務めた今東光氏と言えるかもしれません。

今和尚は私が産まれた歳に亡くなっているので、もちろん面識はなく、名前を知ったのも30歳を超えてからでした。

私と今和尚との出会いは、ひょんなところから始まりました。

あるとき、電車の網棚に置かれた新聞を手に取り、読んでいると、面白いコラムを見つけました。

その書き手は、伝説の編集者と呼ばれた、元集英社の島地勝彦さんでした。

この面白いコラムを書く人は、一体どんなバックボーンを持っているのだろうと調べてみると、島地さんは編集長時代、雑誌「週刊プレイボーイ」を100万部に育て上げ、また当時受け持っていた「人生相談」が、大御所作家らの絶妙な回答から若者に絶大な人気を誇っていたことを知りました。

そしてまた島地さん自身も、作家から受けた影響を交えながら、「乗り移り人生相談」として質問者に回答していました。

その「乗り移り人生相談」も面白かったのですが、中でも今東光氏のエピソードが群を抜いており、そこで和尚に興味を持った私は、当時の相談内容を抜粋した文庫本「毒舌 身の上相談」を購入してみました。

読んでみて、その毒舌の裏にある、著者の豊かな人間性と深い人間愛を感じました。

その後、当時の人生相談の完全版である「極道辻説法」シリーズをすべて購入して読んでみると、和尚の教養と知性、そして大きな愛を備えたアウトローやアウトサイダーという人格が浮かび上がってきました。

アウトローやアウトサイダーとは、はみ出し者や無法者という意味であり、実際に和尚は中学を二度も退学になっており、その後も至るところで喧嘩をし、破天荒な人生を送っています。

そしてその人生を反映するかのように、質問者へのドギツイ回答も多かったのですが、その回答の裏に隠れたロジックや、滲み出る若者への深い愛情や、そして「弱きを助け強きを挫く」想いに惹かれました。

当時私は、長年に渡る深い悩みを抱えていました。

そして島地さんも和尚も、お墓の面前で故人と語ることについて勧めておられ、そのような経緯から、人柄に惹かれた和尚の墓前に何度か訪れ、会話をしました。

「大僧正、これどう思う?」

そのような感じで、色々と語りかけました。

もちろん何も返事はなく、「馬鹿野郎マスでもかいてろ!」という声も聞こえてきませんでしたが、不思議と気持ちは落ち着きました。

その後私は、長年自分を縛り付けていた過去から抜け出すことができましたが、そこには、和尚の深い愛が関係していたと思います。

そのため、和尚を私に引き合わせてくれた島地さんに一言お礼を言おうと、当時、新宿の伊勢丹メンズ館8階で、バー「サロン ド シマジ」を開いていた島地さんの所に挨拶に行きました。

そこで感謝の気持ちを述べ、書いてきた手紙も渡し、これだけは聞きたいと思っていた質問を一つしました。

それは、大の自信家で、本物を自認していた今和尚が、同時代に生きていた、同じくアウトサイダーの岡本太郎さんをどう感じていたかということです。

太郎さんは、慶応普通部、東京藝術大学、パリ大学という経歴でありながら、言動や作品が破天荒で物議を醸す、正統な道を歩んできたアウトサイダーとも言える存在でした。

私は芸術家としての太郎さんに大きな影響を受けていますが、昭和の怪人・今東光が、エネルギーの塊で、同じく教養も知性もあった岡本太郎をどう感じていたか非常に興味がありました。

二人とも、いわゆる奇をてらったり、小賢しい計算はなく、本気でぶつかってくる人間であり、この二人がお互いをどう思っていたのかを、当時の時代の雰囲気と共に興味がありました。

結局、島地さんからは具体的な回答は得られず、当時の二人の接点も知らないのですが、和尚と巡り合わせてくれた島地さんに感謝するとともに、豊かな人間性と深い愛を備えた今東光という一人の人間は、私の中に息づいています。








関連記事


0 件のコメント:

コメントを投稿