2020/05/03

昭和の怪人と呼ばれた今東光和尚と私










岩手県 中尊寺 金色堂

画像 なっちゃん / PIXTA(ピクスタ)



人は人生を歩んでいくなかで、様々な人に出会います。

そしてその中には、自分の生き様や言動に影響を与えてくれる人物が、必ずどこかにいます。


尊敬する人・憧れの人・師匠・ロールモデル・メンター


このように様々な言い方があり、自分の人生を根底から変えてしまう人も中にはいるかもしれません。

またそれは、実在しない本の中で接する人物のケースもあるでしょう。







私にとって師匠と呼べる存在は、天台宗の僧侶で、作家や参議院議員も務めた今東光氏と言えるかもしれません。

今和尚は私が産まれた歳に亡くなっているので、もちろん面識はなく、名前を知ったのも30歳を超えてからでした。

私と今和尚との出会いは、ひょんなところから始まりました。

2020/05/01

日本を活性化するためにビジネスを創造する「CAMPFIREコミュニティ」を立ち上げました。




東京スカイツリーと富士山と夜明け


canva / Nanostockk


日本社会で語られるキーワードに、「失われた30年」というものがあります。


バブル崩壊後から立ち直れない日本社会を表す言葉です。

いまウイルス騒動が日本だけでなく世界を覆っていますが、多くの国で経済活動が再開されはじめているように、いずれは収束し、日本も平穏な社会を取り戻すはずです。

しかしその後、この国は経済を回復させることができるだろうか? 

恐らくそんな声が聞こえてくるでしょう。

少子高齢化が進み、街は寂れ、市場も縮小していくだけで、この国に明るい未来はない。

多くの人がそう考えているでしょう。

そのような悲観的な論調を打ち壊し、日本を立ち直らせていくには、お金を社会に循環させ、雇用や消費を生み出していく必要があります。

よって私が立ち上げたコミュニティは、ビジネスとしての案件を計画し、遂行させていくためのものです。

たとえそれが、芸術的な案件であってでもです。

先日、とある起業セミナーに参加したところ、「100億円があったら何に使うか?」というお題が出され、皆で討論し合いました。