2019/12/18

南海トラフ地震に関する人工地震の噂を検証する





1 発生が危惧される南海トラフ巨大地震



いま世間では、南海トラフ巨大地震の発生が危惧されています。

「NHKスペシャル」によると、30年以内の発生確率は70%から80%で、大地震と大津波による死者は、最悪の場合32万3千人にも及ぶと試算されているようです。






2 注意喚起はメディアの果たすべき一つの役割



このように甚大な被害が想定され、各メディアが注意喚起を図ることによって、東日本大震災で高台に逃げなかった大川小学校のような悲劇を減らすことは、メディアの果たすべき一つの役割であるに違いありません。

また、物理学者の寺田寅彦が語ったとされる「天災は忘れた頃にやって来る」という有名な警句もあるように、起こりうる災害を事あるごとに語らい、各個人が常日頃から実災害をイメージすることは大切です。

しかし、これだけ地震が来る来ると報道されることで、ある一つの効果が生まれてしまいます。


3 巨大地震の発生は仕方がないという世論の形成



それは、巨大地震が起きるのは仕方がないという世論です。

そして恐ろしいことですが、この気運を利用しようとする者たちが存在するようです。


今そこにある危機


単刀直入に申し上げますが、私は本記事のタイトルにも掲げているように、故意に引き起こす人工的な地震の存在を確信しております。



4 起きてもいない地震データを捏造したという事実



それは、幾つもの証拠を積み重ねた上で、最早人工の地震であることを否定できない、自然の地震である証明もできない、という結論に至ったからです。

証拠の一例を挙げると、大阪大学大学院の工学研究科・秦吉弥元准教授が、ありもしない熊本地震のデータを捏造して発表しているなどがあります。そしてこの准教授は、なんと東日本大震災や南海トラフ地震に関しても捏造を行なっていたのです。

まだ起きてもいない地震のデータを捏造する、という行為の意味を普通に考えれば、奇妙なことに気が付くはずです。

また、人工地震をオカルト扱いし、頭ごなしに必死に否定する者も大勢いますが、昨今疑問視されているプレートテクトニクス理論でさえ、爆破の人工地震によって、断層破壊を誘発する可能性があることぐらい分かります。



5 戦前すでに米軍が確立している軍事技術・人工地震




そもそも人工地震とは、戦前すでに米軍が確立している軍事技術であり、現在でも使用してはならない条約が存在しているように、軍事上の常識とも言える兵器なのです。

他にも人工地震だと確証できる様々な根拠がありますので、その詳細を確認されたい方は、以下リンク先の記事をご覧ください。


こんなことは嘘であってほしいですが、もし真実であるならば、拡散して多くの人が知ることで、その企みを阻止できるのではないかと考え、微力ではあるもののこうしてブログに記したり、YouTubeでコメント欄に投稿しています。



6 人工地震を警戒するコメントが削除されたという揺るがぬ事実



そして先日、日本を憂いていることで有名な武田邦彦教授の以下の動画に、南海トラフの人工地震についてコメント投稿したら、そのコメントが消されてしまいました。


【武田邦彦】警告をします!日本を終わらせないために絶対やっちゃいけないことと、絶対やるべきことを教授が解説。日本を取り戻せ!2019/12/10 


日本を終わらせないために、少しでも故意による地震が疑われるのであれば、それを徹底的に調査すべきですが、その警告コメントが丸ごと消去されてしまいました。

その後何度も投稿してすべて消されてしまったという事実は、自分のコメントをYou Tubeのアーカイブで以下のように残してありますので、疑いのない真実です。




南海トラフ地震 巨大地震 人工地震 捏造 自作自演 



このコメントが馬鹿げた話なら、無視や一蹴すればいいだけの話ですが、なぜか消されてしまいました。

投稿する前の写真も証拠として残しており、間違いのない事実です。





引用 https://www.youtube.com/watch?v=Vl4Wg9f7ZLY


このコメントがどうして消されたのか? その意味を、その理由を、一人でも多くの日本人が考えてくださることを願っております。



7 重要な真実を隠す武田邦彦という批判論者



私が行った武田氏への批判コメントは他にもいくつかあるのですが、そちらは消されていないので、この人工地震だけについては触れられたくないようです。

留意すべき点は、安倍政権とは、911内部犯行を企てたディープステートの傀儡であり、その親玉ディープステートがトランプ政権によって追い詰められ、世界中で次々と手先の人間が失脚している関係から、安倍政権への批判が表に出てくるようになりました。

「桜を見る会」や「伊藤詩織さん事件」など、メディアの報道が少しずつ変わり始め、東京地検特捜部も、秋元司議員を逮捕して安倍と関係の深いパチンコやIRにメスを入れ始めています。



8 緊急事態条項を制定可能にする巨大人工地震



これらの追及を逸らすには何か別の大きな事件が起きることであり、もし巨大な地震を引き起こせば全てをご破算にできるのであり、それに乗じて緊急事態条項を制定でき、そうすれば事実上の安倍独裁政権が誕生します。

いま安倍晋三が総理の職を退いたら、間違いなく逮捕されることになるでしょう。

そして、過去の醜悪な悪事が表に出てくることとなり、それに連なっておぞましい悪事に加担してきた手先の人間たちも裁かれることになるため、それを阻止するために事件を故意に引き起こすことなど、911を企てた連中なら何のためらいもなく実行するでしょう。


9 他にも多く存在する核心を追及しなかったり隠す批判論者



また、安倍政権やディープステートを批判する陰謀論者で、この人工地震について言及しない者は、明らかに寸止めの工作員です。

巷の有名人でも、「山本太郎」のように、国を売る安倍政権の数々の政策を声高に批判するものの、なぜか諸悪の根源・不正選挙を追及しない者がいるように、それぞれの段階に応じて配置された、裏社会に雇われたと思われるディープステート批判論者が大勢いるのです。毒舌で知られる「きっこさん」も、不審死を語るにもかかわらず、なぜか不正選挙については語りません。

ともかく、武田邦彦といったディープステートを盛んに批判するふりしながら、人工地震という、卑怯極まりない日本国民への攻撃を隠す者たちに騙されてはなりません。

これから、過去あり得なった地震現象が、NHKやフジ産経グループを中心に報道されはじめるかもしれません。

想定外のことが今起きているのだから、南海トラフでも想定外の現象が起きるだろう、との前振りのような報道が開始され、専門家も想定できない地震が来ても不自然に思われないような工作をしてくるでしょう。

このような非道で卑劣な行為を阻止し、自分や家族をディープステートの傀儡に乗っ取られた今の日本から守るためには、真実が何かを知り、周りに知らせることです。


10 人工地震を警戒する米軍用機・コンスタントフェニックス



トランプ政権で変わったアメリカ軍が、日本に放射性を探知する軍用機「コンスタントフェニックス」を派遣しているように警戒はしているものの、破れかぶれで実行してくる可能性もあります。

とにかく闇に埋もれた真実に気付いた方たちが、一人でも多く立ち上がってくださることを切に願っております。












関連記事








0 件のコメント:

コメントを投稿