2019/10/03

京都アニメーション放火殺人事件が、組織的な犯行を疑わせる二つの大きな理由











引用画像 京都府警察



令和元年7月18日に起きた、京都アニメーションを襲った卑劣な放火殺人事件は、36名の死者と30名を超える傷者を出す結果となりました。

10月5日に20代の女性がまた新たに亡くなり、現在も闘病中で苦しむ従業員の方々の一刻も早い回復を祈るばかりです。





この事件の凄惨さは、一瞬にして、大勢の人間が命を失ったということです。

もちろん、犠牲者が少なければ大した事件ではないなどと言うことは出来ず、たとえ犠牲者が一人であったとしても、その一人には、未来が、夢が、目標が、家族が、大切なものがあったはずであり、被害者の数によって事件を区別したくはありませんが、それでも、36名もの人間が顔を合わせたこともない者によって、一瞬のうちに未来を絶たれたことは、やはり許されざる悲惨な大事件に違いありません。

また、日本のアニメ業界を支えてきた人材が一挙に失われたことも、大きな損失であることは言うまでもありません。

今後は、青葉真司容疑者の容態が回復次第、事件についての聴取が行われ、動機の解明に焦点が向かうと思われます。

しかし今回の事件、巷では、何か別の目的があったテロではないかとも囁かれています。

そう考えるのは当然です。

なぜなら、撒かれたガソリンが、あれだけの大爆発を起こすには、相当な時間が必要だからです。

この動画を観てください。






事件発生時、とてつもない爆発が起きていたことが分かります。

ガソリンが簡単に引火するのはよく知られていますが、これだけの煙の発生と爆発は、気化したガソリンが広範囲に渡っていなければ起こり得ません。

しかし報道では、ガソリンを撒いてすぐに火を放ったとされています。


朝日新聞
2019年7月18日21時30分

「ガソリンとみられる液体をまいた後、すぐに火を放ったのを目撃している。」引用

2019.7.25 11:08

「侵入してガソリンをまいた後に爆発が起こり」引用

https://www.sankei.com/west/news/190725/wst1907250017-n1.html


これはどう考えても奇妙です。

しかも容疑者は、複数の従業員に直接ガソリンを浴びせているようであり、白昼堂々と行われた今回の事件に、撒かれたガソリンが広範囲に拡散していく時間的余裕はなかったはずです。


東京新聞
2019年7月24日夕刊

「ガソリンを近くにいた複数の従業員に直接浴びせていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かった。」
引用

以上のことから、何か別の爆発があり、犯人は他にいる可能性が考えられます。


もう一つおかしな点があります。


警察が、すでに捕まっている青葉容疑者の動画を公開したことです。

今回の事件では、何の脈略もなく警察は、防犯カメラに残された青葉容疑者の映像を公開しましたが、警察が過去に、このような捕まった犯人の映像を流したことはありません。

それは当然です。すでに捕まっているのだから、やる必要がどこにもないからです。

もちろん、指名手配中である凶悪犯や、行方不明中の子供の画像や動画を公開したことはあり、むしろ捜索中の場合は、周知をする意味でも積極的にやるべきでしょう。

しかし、捕まった犯人について、国民に周知をする必要はどこにもありませんが、今回はなぜか公開しています。

保守的な組織である警察が、過去に例のないことを自分達の判断ですることはあり得ません。

ということは、その上の人間が指示をしたということが考えられ、それは警察上層部のさらに上の、官僚の人事を采配する内閣人事局長の杉田和博や、内閣情報官の北村滋など官邸に近い元警察官僚だと推測されます。

元総理の福田康夫さんが、「国家の破滅に近づいている」とまで語っているように、いま官僚の人事が官邸に握られており、この公開には、何らかの介入と意図が隠されていたと推測できます。

するとあなた、この事件は安倍政権が犯人だと言うのでしょうか?

とおっしゃる方がいると思われますが、その通りです。

なぜなら安倍晋三は、911の首謀者であるアメリカ旧権力・ブッシュらディープステートの手先だからです。人の騙し方を学べる最高の教科書 馬渕睦夫著 「反グローバリズムの逆襲が始まった」 プライミング効果)

そして、この京アニの残虐なテロ犯の報道は、吉本興業の内紛ですっかり注目度が落ちてしまいましたが、吉本といえば、国が100億円もの資金を援助するという報道が流れています。

この吉本のいざこざが、結果としてテロ事件の報道をそらすスピン報道として機能しました。

そして、なぜか犯人が所持していた携帯電話が現場から見つかっていません。


朝日新聞
2019年7月24日00時00分

「本人のスマートフォンや携帯電話は今のところ見つかっておらず」引用

https://digital.asahi.com/articles/ASM7R4KGFM7RPTIL01J.html



おかしいですね。

これは、通話内容を知られたら困る人間がおり、事前に始末した可能性が考えられます。

携帯電話の通話記録を解析することは簡単なので、これを公開することで、単独犯か組織的な犯行かが分かるはずであり、過去の小説も、パクリがあったのかを徹底的に調査し、事件解明のために公開すべきでしょう。

映像を公開したのだから、警察は必ずやるべきです。

他にも奇妙な点が幾つかあります。

例えば、あの惨劇と青葉容疑者が仰向けに寝転んでいた姿を比較すると、どう考えても容疑者の被害の程度が軽すぎます。

あれだけの爆発があったとしたならば、少なくとも本人の被害はもっとひどいはずです。

しかも報道では、逮捕時は逃走し、「パクリやがって」と言えるほど元気だったにも関わらず、
容疑者は意識不明の重体との発表が警察からなされています。


朝日新聞
2019年7月18日21時30分


https://digital.asahi.com/articles/ASM7L6S13M7LPTIL04T.html


そしてまた、なぜか分かりませんが、NHKが事件に深く関与しています。


当日取材が入っていた。

取材班の吉田達裕Dに関する記述をHPから削除した。

犯人が公園に残した遺留品をなぜか警察より先に見つけている。

しかもその物的証拠を漁っている。


正面玄関のセキュリティ解除に関する情報は錯綜し、当初は京アニの八田社長らが、普段は施錠やシャッターを下ろしており、従業員は裏口から出入りしているが、その日は来客予定があったために開けていたと発表し、それに従って
毎日新聞や読売新聞も、外部の人間と打ち合わせがあったため開けていたと報道している中で、NHKだけは、朝の時間帯で通勤などの出入りが多かったため無施錠であったと違う報道をしています。

最終的には、京都アニメーション代理人の桶田大介弁護士が、「第1スタジオの玄関は自動ドアであり、 昼間の業務時間は無施錠だった」と明らかにしたものの、この顛末の理由と、NHKへの疑惑の目は解消されていません。

しかも、現場に遅れてやってきたNHKスタッフは、本来は犯人が誰か分からないはずなのに、なぜか青葉容疑者を犯人だと決め付け、ピンポイントで撮影しています。

このNHKの関与については、厳しく追及しなければなりません。

また今回の事件では、このNHKの疑惑以外にも、メディアに対し、被害者の実名報道で批判が巻き起こりました。

もちろん、被害者遺族への配慮が大切なのは言うまでもありません。また反対を押し切ってまで発表するかは疑問です。

ただ匿名が常態化すると、警察はメディアに情報をもたらさなくなっていくでしょう。

そして、その警察権力と政権が結び付くと、批判者を封じ込めるのが簡単となり、それこそ今危惧されている恐怖政治の到来となってしまいます。

実際に今、元総理の福田康夫氏が手厳しく批判しているように、政治家が内閣人事局によって官僚の人事に介入し、国民目線ではなく、官邸の顔色を伺って仕事をする状態が起きています。

また日本では、解剖医や検死官が常態的に不足し、解剖率が低いため、実名報道が減って事件の全容が分からなくなると、ただでさえ、上野正彦監察医が指摘するように殺人が見逃されている現状が、一層酷くなるでしょう。

そして何よりも、その実名報道で初めて被害を知った方もいます。



毎日新聞

2019年9月16日 東京朝刊

「事件現場を訪れた人の中には「名前がわかったから改めて手を合わせに来た」という方がいらした」引用


https://mainichi.jp/articles/20190916/ddm/004/040/002000c


これは極めて個人的な意見ですが、無慈悲な犯人によって無惨な殺され方をしたクリエイターたちが、その名前を世間に明かすことで、この令和という時代の日本に間違いなく生きていたという証になったのではないかと思うのです。

一般論として、社会的に関心の高い大規模火災のため、氏名の公開が個人のプライバシーよりも公益に資するという考えがありますが、そうではなしに、多くの人々に元気を与えてきたクリエイターたちが、その名前を世間に明かすことで、この令和という時代の日本に生きていた、人生の長短はあれど、被害者がこの地球上で暮らしていたという証明になったのではないかと思うのです。

決して世間にさらされたのではなく、その名前を持つ一人一人の人間が、この世に確かに存在したという証拠になったと思うのです。

今回議論が沸き起こった氏名の報道以外に関しても、新聞社のように事件を取材し、客観的な事実を記事に起こすことはとても大事なことです。

本記事を書くことが出来たのも、世間で事件の議論が出来るのも、後から事件を検証することが出来るのも、取材に基づいた記事が存在するからです。

その辺りを考えて、ただ感情的に批判するのではなく、総合的に判断を下していくべきであり、また私が提示した疑惑についても考えていただけたら、この記事を作成した意義も出でくるはずです。

今回の事件は、奇妙な爆発、映像の公開、スマホの紛失、NHKの関与など様々なことを総合すると、911の内部犯行爆破テロ事件や、大袈裟な被害を演出するエキストラのクライシスアクターが確認された、パリ同時多発テロ事件やボストンマラソン爆破テロ事件などと背後関係が同じかもしれず、何か別の目的が存在していた可能性も考慮に入れるべきでしょう。

今回の卑劣な放火殺人事件は、背後関係や動機を徹底的に調べなければ亡くなられた方々は浮かばれず、ご家族も納得できないはずです。

是非とも、正義と良心を備えた警察・政府関係者らが動き、原因の究明に繋がることを信じたいと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿