2019/09/15

不正選挙が日本の全国各地で行われているこれだけの証拠  「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する」









akizouさんによる写真ACからの写真 



選挙が行われると、今回も不正があったと一部では大騒ぎになります。

民主主義の根幹とも言える選挙で不正が行われたら、それは由々しき問題です。




そもそも不正選挙を行えば、正しい国民の審判が反映されず、政権の施策に対するチェック機能も働かず、政権の交代も起こり得ません。

今まで日本で起きた主だった不正は、滋賀県で起きた、未開票の投票用紙が入った投票箱をそのまま数えずに処分した事案、香川県で起きた、未集計の有効投票用紙を集計しないまま無効票の箱に混入した事案、宮城県で起きた、白紙投票を勝手に水増した事案などがあり、しかもこれらには、選挙事務局長といった立場の人間が関わっていたのです。

ただこれらには、自民党候補者の票が減らされていた事案も存在するので、本丸は以下の衝撃的な証言から見えてきます。


期日前投票は、すべて開けて中の票を操作していると語った元阿久根副市長


投票箱を、投票所から開票所へ運んだ記録がほとんどなく、マイカーで運んだケースもあると訴えた参院選立候補者


字が全く同じで、汚れも全く同じ箇所についた、明らかにコピーされた多数の投票用紙が存在していたと語った開票立会人


票の中身を確認せず、そのままハンコを押して通していくだけでなく、いきなり1万票が上乗せされた候補者がいたと語った開票立会人


開票場に怪しい箱が存在し、なぜかそれらをカルタのように混ぜ合わせていたと語った開票立会人



他にも、創価学会の婦人部信者が、幹部に指示されて地区の拠点で偽の名前書きをし、これは池田先生直々の命令だから秘密にしておくように言われた、との告発がジャーナリストにもたらされています。

彼女たちは、選挙の不正が日中戦争に繋がることを恐れたため、告白してきたようです。

このような様々な状況証拠が積み重なる中で日本中で裁判が行われています。

ただし、ある東京高裁の裁判では、証拠の提出を認めず、弁論もさせずに結審するという不可解極まりない判断が下されたように、誰かにとって都合の悪い不正事実は、隠蔽が図られてきました。

しかも、ハイテクノロジーが止まるところを知らない現代社会では、文字の記された紙を印刷機に通すと、元の文字が消されて全く新しく文字が記された紙が出てくるような機器も存在し、そのような中で、不正選挙で疑惑の上がる株式会社ムサシは、投票用紙読取分類機・計数機・交付機・オリジナル投票用紙・投開票業務管理ソフト・投票箱・投票記載台などの開発・製造・販売及びメンテナンス業務を、一手に引き受けているおかしな状況です。

これらから推測できるのは、文字を消して無効票にする、文字を消して別の候補者を印字する、などが技術的可能であり、そのために鉛筆を使わせているとの声も上がっています。

その株式会社ムサシは、現会長の小林厚一氏が代表を勤めていた平成23年に、自由民主党・群馬県第四選挙区支部に政治献金を行なった証拠の領収書もネットには上がっています。

元を辿れば、米国は他国への選挙介入を数多く行ってきたと証言した元CIAのロック・ジョンソン氏や、1946年から2000年にかけての選挙介入の数は、81回と算出したカーネギーメロン大学のドブ・レービン氏の調査もある中で、アーミテージ・ナイ・レポートを忠実に実行する政権が、選挙での不正を指示されていなはずがないのです。

民主党が大惨敗した第46回衆議院議員総選挙において、解散を決めた野田佳彦氏は、増税など支持率低迷のきっかけを作り、党だけでなく本人も大逆風だったにも関わらず、なぜかダントツの得票数でトップ当選を果たしており、自民党に政権を譲った最大の功労者として処遇されたとの声があちこちで上がり、選挙区と比例区の得票数の明らかな違いにも疑問の声が上がりました。

しかもこの選挙は、事前に言われていたような自民への追い風がなかったことは、三原じゅん子議員が自身のブログで


「出口調査の結果、自民党は厳しい」


と開票30分前に記していることから分かり、それにも関わらずマスコミは自民圧勝を伝え、その通りの結果になりました。

選挙で不正は行われていないと触れ回る人々は、反対派が当選していることなどを理由に挙げますが、そもそも反対派をすべて落選させ、あからさまに結果を操作したら、それこそ不正が分かってしまうため、微妙な調整をしているのは当然でしょう。


少なくとも、集計したら2票多いとか、33票多いとかが明らかになっている以上、システムの見直しをしなければならないのは明白であり、集計ソフトも
抜き打ちでチェックする必要があるはずです

他にも、投票箱を透明にするとか、投票所と開票所を同じにするとか、ムサシの職員に選挙管理員の腕章をつけさせないとか、投票用紙にシリアルナンバーをつけるとか、やるべきことは幾らでもあります。

今のままでは、よく選挙で問題となり、最高裁まで争われることのある1票の格差どころの話ではありません。

一昔前は、選挙の不正など罷り間違っても行われていないとする意見がネット上を占めていました。

これは恐らく、昔チーム世耕と呼ばれていた自民党のネット工作部隊であり、一般人を装った世論誘導や情報操作だと思われますが、不正がないのであれば、あえて強調する必要もなく、正々堂々としてればいいのであり、開票現場での写真撮影や結果の開示も何ら問題ないはずです。

このインターネットでの工作を行う似非保守の安倍応援団たちは、自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)と名前を変え、いま投稿やコメントに人工知能(AI)を活用し始めたようですが、この日本で行われている選挙の不正は、想像以上に闇が深いと思われます。


権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する


この言葉をもう一度噛み締め、一人一人が問題意識を持ち、誰が判断しても公平な選挙を行っていかなければならないでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿