2019/05/26

異文化との衝突・サバンナの大地編  ケニアのマサイ族VS日本の子供









RENE RAUSCHENBERGERによるPixabayからの画像 



先日、子供の教育にうってつけの本を見つけました。

それは、 アフリカ東部の国・ケニアで遊牧民として生まれ、後にアメリカに渡り、ハーバード大学にまで進学した男性が、自伝形式でマサイの暮らしを伝えている本です。





その本の中に、 著者が幼い頃の話として、家から何十kmと離れた牛の放牧場へ向かい、辿り着いたそこでの寝床は、牛の皮を地面に敷いた星空の下であり、さらにその場所で、なんと野生のライオンが牛を狩りに襲ってきたと記されていました。


野生のライオンが襲ってくる?


このとんでもない記述は、文明国・日本で育つ息子の教育に使えると考えました。

2019/05/19

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ聞き比べ  「悲愴」「テンペスト」「熱情」のNo. 1ピアニストは誰か?







ベートーヴェン
Wikimedia Commons  パブリックドメイン



楽聖ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの代表曲といえば、「ジャジャジャーーン」の冒頭で有名な交響曲第五番・運命を上げる人も多いでしょう。

激情家と評される芸術家に相応しい、感情の高ぶりを音符に乗せた一曲と言えるでしょう。






しかしその一方で、ピアノソナタ第14番・「月光」の第一楽章のような優しい曲も人気があります。

この激しさと優しさが同居する名曲には、ベートーヴェンの最高傑作とも評されるピアノソナタ第23番・「熱情」が上げられます。


2019/05/06

芸術活動の源泉は衝動や感動ありきなのか? そのことを仏師の運慶から紐解いてみる








国宝 大日如来坐像 運慶作 
奈良・円成寺
Wikimedia Commonsより 


奈良・東大寺の山門には、巨大な一対の仁王像(金剛力士像)が、参内者を威嚇するようにそびえ立っています。

この睨みを効かせた国宝の仁王像は、鎌倉時代に活躍した仏像を彫る仏師・運慶の代表作として知られています。





この迫力と躍動感は、単に木を削り、それらを継ぎ合わせただけの仏に、魂を込めようとした創作者の想いが表れており、お寺の守り神に相応しい姿形と言えるでしょう。


仏作って魂入れず(ほとけつくってたましいいれず)


ではなく、仏を作り、そこに魂を注入した仏師の面目躍如といったところかもしれません。