2019/12/18

南海トラフ地震に関する人工地震の噂を検証する





1 発生が危惧される南海トラフ巨大地震



いま世間では、南海トラフ巨大地震の発生が危惧されています。

「NHKスペシャル」によると、30年以内の発生確率は70%から80%で、大地震と大津波による死者は、最悪の場合32万3千人にも及ぶと試算されているようです。






2 注意喚起はメディアの果たすべき一つの役割



このように甚大な被害が想定され、各メディアが注意喚起を図ることによって、東日本大震災で高台に逃げなかった大川小学校のような悲劇を減らすことは、メディアの果たすべき一つの役割であるに違いありません。

2019/11/28

ディープステートのスパイ・桜井誠が韓国・中国を罵る理由は日中韓経済圏の阻止のため 自作自演の卑怯な集団






1 在日朝鮮人を罵倒する団体・在特会



在日特権を許さない市民の会という団体があります。

在日朝鮮人に対し、死ねや殺せと盛んに叫び、新大久保で大規模なデモを起こしてきた集団です。

元党首の桜井誠氏は、現在日本第一党という政党を作り、在日朝鮮人だけでなく、朝鮮半島の韓国人批判を繰り返すといった政治活動も行っています。






そんな桜井氏は、YouTubeで様々な動画を公開し、NHKをぶっ壊すと訴える立花孝志氏と会談をしたりと、精力的に動いているようです。

日本第一党は、その党名のとおり日本を第一に考える党のようですが、必要以上に相手を煽り、むやみやたらと対立を作っています。


2 批判のコメントが削除されたという事実



そんな訳で、あるYouTube動画に批判のコメントを投稿しました。

しかし、何とコメントを消されてしまいました。

普段死ねとか殺せとか叫んでいる人間が、批判のコメントを削除するとは、一体どういうことなのでしょうか?

2019/11/18

日本銀行が発行する紙幣が日本銀行券であって政府紙幣ではない理由




1 中央銀行の独立という「まやかし」




「日本銀行が発行する紙幣が、日本銀行券であって政府紙幣ではない理由」

このタイトルを見て、中央銀行は政府から独立しているのだから、そんなのは当たり前だと思う方も多いでしょう。






しかし、そのために株式上場までする意味はどこにあると思いますか?



2 証券コード「8301」の上場企業・日銀




そもそも、日銀が一般の上場企業であることを知らない人も多いでしょう。

証券コードは「8301」です。

もちろん、国家や国民にとって重要なお金を扱う組織のため、一般の上場企業とは違い、日銀法などによって管理はされています。

ただしそれは、最後にリーマンショックまで引き起こしたサブプライムローンと同じ構図です。



3 法律や縛りは実態を隠すための口実



サブプライムローン問題は、ローンを債権として小口証券化し、様々な金融商品に紛れ込ませ、さらに貸し倒れリスクを回避するCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)などで、リスクの実態が隠されていましたが、日銀にまつわる数々の法律や縛りも、実態を隠すための口実に過ぎません。

その説明はこれから行いますが、以下の写真は、宇宙空間を撮影した一枚です。



惑星探査機ボイジャーが撮影した小さな点でしかない地球


ボイジャー 1号が撮影した地球

Source: NASA/JPL-Caltech

パブリックドメイン



撮影主は、地球の遥か彼方を航行する惑星探査機ボイジャーです。そして写真の題名は、


Pale  Blue  Dot

ペイル  ブルー  ドット


であり、日本語に訳すと「淡い
青の点」になります。

その点とは、縦に走る赤い線の真ん中に小さく丸く光っているものであり、それは地球です。

1977年に打ち上げられたアメリカの惑星探査機・ボイジャーは、現在も宇宙空間を航行しており、太陽圏の果て(ヘリオポーズ)を通過し、太陽系を飛び出してその先へと進んでいます。

我々が生きるこの地から、遠く遠く離れた場所から撮影した点でしかない地球。



4 広大な宇宙に浮かぶ、ちっぽけな惑星・地球




この広大な宇宙空間の中で、ちっぽけに浮かぶ水の惑星・地球。

人類が初めて宇宙空間から捉えた青い地球や、月周回軌道から見えた地球とは全く違う、小さな小さな地球です。

ディープステートの皆さん、こんなちっぽけな地球を支配してどうするのですか?

宇宙の片隅で微かに光る星・地球を見て、数々の悪事を重ねてきたあなた方は、一体何を思うのでしょうか?


「シオン長老の議定書」


という一冊の本があります。

いわゆるユダヤ陰謀論(ディープステート)に関する類の本です。

陰謀を頭ごなしに否定する方も大勢いますが、内容を読みもしないで判断を下すのはやめるべきです。



5 熟読することで現代社会の歪みが見えてくる一冊の書籍




偽書と言われることもある本書ですが、同じく陸軍将校だった四王天延孝氏が原訳した「【定本】シオンの議定書」のアマゾンレビューには、以下のような記載があります。



驚くのは、著者の才気というか狂気をも感じさせる洞察力と、それを裏図ける現実社会の構図が見事に的を得ています。


引用  Amazonレビュー Geometronさん 【定本】シオンの議定書 四王天 延孝(原訳)天童 竺丸 (監修, 翻訳)



鋭利で研ぎ澄まされた感性・洞察力・知性。


引用  Amazonレビュー かむろみさん【定本】シオンの議定書 四王天 延孝(原訳)天童 竺丸 (監修, 翻訳)



陰謀の書というより、洗練された知性から滲み出た流麗な詩を読んでいる、そんな感覚に陥ります。


引用  Amazonレビュー かむろみさん【定本】シオンの議定書 四王天 延孝(原訳)天童 竺丸 (監修, 翻訳)



6 ロシア革命時に所持していただけで処刑にされた本



そしてこの本は、なんとロシア革命時、所持していただけで死刑にされたという代物です。

古代中国で起きた、書物を焼き払い学者を生き埋めにした焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)さながらの出来事が、20世紀に起きていたという事実は驚愕の一言です。

私は自動車王フォード関連の書も読みましたが、上記のレビューと似た感想を抱き、そのデーモニックな内容に戦慄を覚えました。

現在の世の中に疑問を感じたら、是非一度を目を通し、本書と史実を照らし合わせてみることをお薦めします。



7 金融の仕組みを理解するのに避けて通れない記述



例えば、国家で臨時にお金が必要な時、特別な徴税ではなく外国債に依存させるといった記述や、通貨供給量(マネーサプライ)を止めることで恐慌を起こすといった記述を読めば、偽りの書でないことが理解できるはずです。

また、現在注目を集めているインフレ率から財政を考えるMMT(現代貨幣理論)が、なぜ今まで議論の的にすらならなかったことや、なぜ国家から通貨発行権を切り離し、独立という名目で徴税権のない中央銀行を生み出したかも紐解けるでしょう。

本来、管理通貨制度であれば通貨は無限に発行できるため、財政支出が必要な時は、インフレ率を調節しながら、マネーサプライの増加と臨時の徴税という両輪で対応できるはずです。

金本位制度の時でさえ、中央銀行と市中銀行とのやり取りの中でマネーサプライを調節できたのだから、徴税での対応を図り、安易に国際金融資本(ディープステート)が牛耳る利子の付いた国債に頼る必要はなかったはずです。

こういった経済や金融の歴史を軸に本書を読めば、過去から現在の通貨制度が知らぬ間に誘導され、各国が国債の償還のために国債を発行するという馬鹿げた状況が出現している理由も理解できるはずです。



8 ナチスドイツの兵站を止めなかった中央銀行の中央銀行・BIS



もちろんここには、莫大な臨時支出を伴う戦費といった突発事象も絡んできますが、中央銀行の中央銀行であるスイスの国際決済銀行(BIS)がナチスドイツの戦争継続を支援していた事実を知れば、戦争の裏にディープステートが存在していた事も理解できるでしょう。

また日本も、日露戦争時に借りた外貨建ての外債を償還し終えたのが、82年後の1986年とも言われているように、国家予算を遥かに超えた膨大な借金を背負わされ、せっせと利子を貢いできた事実があります。

そして日露戦争開戦時に政界に隠然たる勢力を持っていた伊藤博文が、大蔵少輔といった職を歴任し、日本に民間中央銀行を根付かせた張本人であることを知れば、すべて繋がることが分かります。



9 国民のための組織ではない日本銀行



この中央銀行の実態を隠す工作員は、政府が日銀の株式を55%持っているから大丈夫だと批判してきますが、そもそもそれなら上場する意味はなく、会社と株について勉強した方なら分かるはずですが、株主の権利というものは強く、また1/3でも抑えられたら特別決議が否決されてしまいます。

また、日本銀行法の内容や政府の株所持率の割合などは、いつでも法律によって変えることができますし、安倍政権が安保法制や検察官の定年など、憲法や法律を恣意的に解釈しているように、時の政権が思うがままにいくらでも変えられるのです。

つまり、安倍晋三のようなディープステートの言いなりになる政治家ではなく、コントロールの効かない政権が出現したときのために、中央銀行を時の権力と切り離しておいたということです。

そして日銀のHPには、マイナス金利に関する記事がありますが、そこには、


日本は15年間もデフレでした。




と、シレッとというか、堂々と打つべき手を打っていないことを告白しているように、日銀は国民のための機関などではなく、実態を隠した、安倍晋三を背後から操る支配層のための組織なのです。

本書は経済だけでなく、政治や文化といった観点からも鋭い洞察が見られ、「反ユダヤ主義の必要性」との記載があるように、反対の役者も用意するといった手法が記されています。

これは、ニセモノの右と左をいがみ合わせ、真実を隠すという手法です。

このことから分かるように、世間で脚光を浴びている、傀儡政権と闘うフリをしながら肝心の部分を隠したり逸らす山本太郎のようなニセモノ政治家や、愛国日本人や正義のフリをした偽のディープステート追及論者に騙されてはならないでしょう。

ボリビアのモラレス大統領が、不正選挙を追及されてメキシコに亡命したように、トランプ革命は地球規模で進行し、無慈悲な殺戮といった数々の悪事を働いてきた者たちの浄化が進んでいるようです。

日本でもまた、国家機関や公金を私物化し、ディープステートの指示通り日本を破壊してきた傀儡総理大臣・安倍晋三の役割も、もう終わりにしなければならないでしょう。



10 政権と切り離した徴税権のない組織が日銀である



ということで、


「日本銀行が発行する紙幣が日本銀行券であって政府紙幣ではない理由」


とは、日銀には徴税権がないから、支配層がそのような仕組みを作ったと言えるでしょう。







関連記事








2019/10/06

東西の比較文化論を「桃太郎」と「青髭」から徹底的に検証する






ノイシュヴァンシュタイン城 眠れる森の美女の城 オーロラ城


ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城
cavaより


ヨーロッパといえば、きらびやかなお城、華やかな舞踏会、目を見張るドレスといったイメージを持つ人も多いかもしれません。

冒頭の写真の城は、ドイツにあるノイシュヴァインシュタイン城で、カリフォルニア・パリ・香港ディズニーランドのシンボルマークである、「眠れる森の美女の城」(オーロラ城)のモデルとなったことは知られています。




オーロラ城 眠れる森の美女の城


パリのオーロラ城

merchemg800によるPixabayからの画像 







公式サイトにも以下の記述があります。


Inspired by Neuschwanstein castle in Bavaria, Sleeping Beauty Castle opened on July 17, 1955, along with Disneyland Park.

引用 Sleeping Beauty Castle Walkthrough


2019/10/05

購入型クラウドファンディングにおける小説出版プロジェクトの失敗原因を探る







クラウドファンディング クラファン CAMPFIRE キャンプファイヤー

acworksさんによるイラストACからのイラスト





クラウドファンディングのCAMPFIREで小説出版のプロジェクトを立ち上げましたが、2回目の挑戦もNO MONEYでFINISHとなりました。

無名であるがゆえに信用されない。だからこそ不特定多数の人から少しずつ協力を募り、プロジェクトを成り立たせる。




これがクラファンの大きな柱であり、それがため私も立ち上げているのですが、いまプロジェクトで大きなお金を集めているのは、世間でも有名な方々のものです。

私が2回のプロジェクトを立ち上げて分かったことは、信用がないからこそ、少額のお金すらも集まらないという事実でした。

また、無名で信用がないために目に留めてもらえず、お金がないためにプロジェクトが立ち上がった宣伝もできず、そもそものところプロジェクト自体が多くの方々に周知されないという事実でした。

2019/10/03

京都アニメーション放火殺人事件の真実 公式発表と違うと思われる出火原因と犯人









京アニ 放火テロ 大量殺人 犯人 京都アニメーション放火殺人事件


引用画像 京都府警察




目次 読了7分







1 事件の概要




令和元年7月18日に起きた、京都アニメーションを襲った卑劣な放火殺人事件は、死者36名と負傷者33名を出す結果となりました。

10月5日に20代の女性が亡くなりましたが、今も闘病中で苦しんでいる方々の一刻も早い回復を祈るばかりです。




この事件の凄惨さは、一瞬にして、大勢の人間が命を失ったということです。

もちろん、犠牲者が少なければ大した事件ではないなどとは言えず、たとえ犠牲者が一人であったとしても、その一人には、未来が、夢が、目標が、家族が、大切なものがあったはずであり、被害者の数によって事件を区別したくはありませんが、それでも36名もの人間が、顔を合わせたこともない犯人によって、一瞬のうちに未来を絶たれたことは、やはり許されざる悲惨な大事件に違いありません。

また、日本のアニメ業界を支えてきた人材が一挙に失われたことも、大きな損失であることは言うまでもありません。

2019/09/15

ゲームの良い影響を三国志の事例から熱く語ります。






小舟に乗る魏の曹操

曹操 

作 月岡芳年
Wikimedia Commons パブリックドメイン 



三国志といえば、ファンそれぞれで思い入れのある武将が全く違うぐらい、個性的で魅力のある人物が大勢登場します。


その1800年前の中国大陸の息吹を日本に伝えてきたのは、小説・人形劇・漫画・ゲームなどでした。





特に横山光輝さんの漫画「三国志」は、各武将の機微を魅力的に描き、広く親しまれている作品の一つです。

若い頃、私も当然のように読んだのですが、私が三国志の世界に足を踏み入れるきっかけとなったのは、ゲームの三国志でした。

それも初代ファミコンの、しかもナムコの三国志でした。

証拠も証言もある不正選挙・ムサシについて検証する







投票用紙に鉛筆で候補者の名前を記入するところ


akizouさんによる写真ACからの写真 



選挙が行われると、今回も不正があったと一部では大騒ぎになります。

民主主義の根幹とも言える選挙で不正が行われたら、それは由々しき問題です。




そもそも不正選挙を行えば、正しい国民の審判が反映されず、政権の施策に対するチェック機能も働かず、政権の交代も起こり得ません。

今まで日本で起きた主だった不正は、滋賀県で起きた、未開票の投票用紙が入った投票箱をそのまま数えずに処分した事案、香川県で起きた、未集計の有効投票用紙を集計しないまま無効票の箱に混入した事案、宮城県で起きた、白紙投票を勝手に水増した事案などがあり、しかもこれらには、選挙事務局長といった立場の人間が関わっていたのです。

2019/09/10

冒険をテーマにしたおすすめの児童文学書「はてしない物語」







画像 canva / Michal Bednarek


あなたにとって忘れられない一冊は何ですか?

と問われたら、間違いなく私は、ミヒャエル・エンデ作の小説「はてしない物語」を上げます。




映画「ネバーエンディング・ストーリー」の原作にもなった本書は、主人公が本の中の世界に入り込み、冒険していく物語です。

私は小学校六年生のときに読んだのですが、読み始めたらもう本当に止まらず、夢中になって本の中の世界を旅し、ページが終わりに近づくと、探検を終えてしまう悲しさを覚えたぐらいでした。

2019/09/08

東日本大震災で隠され続けてきた事実 米軍が戦前に実用化していた人工地震の疑惑を検証する







東日本大震災で壊滅した海辺の町を上空から米軍ヘリが撮影
パブリックドメイン



2011年3月11日に東北地方を襲った巨大地震は自然災害ではなかった。

このことを初めて聞いたとき、何を馬鹿なこと言ってるんだと思いました。


あれは人工的に起こされた地震だって?

そんなことあるはずがない。亡くなった方々に失礼だ!


このような反応になるのは当然で、私もそう思っていました。

しかし、様々な事実をかき集め、点と点を繋いで線から面にしていくと、そこから導き出された結論は、311は自然災害ではなく、故意に引き起こされた地震の可能性が限りなく高いというものでした。






それを証明するため、これから幾つもの事実を列挙していきます。

ただしその前に、地震兵器や気象改変装置の存在は、国際政治軍事上において常識であることを確認しておく必要があります。

その使用を禁止する条約も締結されています。

2019/07/28

お釈迦様の言葉「天上天下唯我独尊」の意味を簡単に説明します。







映画館のスクリーン


canvaより


人の生涯を一編の映画に例えるなら、誰しもが、代役のきかない主役を演じています。

どんなに演技が下手だろうと、それはミスキャストではありません。




そして、そのストーリーがどんなに冴えなくとも、どんなにダサくとも、ラストシーンまで演じきらなければなりません。

この世に生を享(う)けたときから幕は上がり、主演以外の共演者、音響さん、衣装さん、照明さんなど様々な人の手を借りながら、人生という名の、自分だけの映画を作っていかなくてはなりません。

2019/07/06

サッカー・本田圭佑の名言の真相を探るべく直撃! 口ほどにもないビッグマウス 






口程にもない 口ほどにもない 本田圭佑 ビッグマウス


canvaより


サッカーの本田圭佑選手といえば、少年少女たちが憧れるスポーツ選手として常に上位に挙がってきます。

その理由は、ゴール前での抜群の決定力や、無回転の揺れるフリーキックなどのプレースタイルもそうですが、何と言ってもそのビッグマウスにあり、「日本をW杯で優勝させる」という言葉が最たるものです。





この大見得を切った言葉は、ドーハの悲劇といった日本がアジア予選で苦しんできた時代を知る者からすれば、とんでもない夢物語であり、恥ずかしくて口に出すことも憚られる言葉のはずです。

しかし、本田選手の口から飛び出すと、それが大それた言葉に聞こえないから不思議です。

2019/07/05

児童文学を読む意義は想像力・共感力・創造力を育むこと






児童文学 読書 想像力 共感力 創造力

canvaより




経験に勝る学習はない。

このことは真実でしょう。

畳の上の水練という言葉があるように、いくら畳の上で泳ぎの練習をしても、実際に水中で試してみなければ、泳ぎを体得することはできません。






世の中の多くの事は、実際に経験してみなければ分からず、理屈は時として何の役にも立ちません。

これは身体的なことに限らず、精神的なことも同じです。

2019/06/27

嘘や削除が意図的に行われるWikipediaの問題点を考える







wiki wikipedia ウソペディア 嘘ペディア 情報操作 情報工作

canvaより


目次 読了5分



  1. WEBの百科事典・Wikipedia
  2. 世間の集合知を活かせる利点
  3. 嘘ペディアと言われるデメリット
  4. 悪質な管理者「MaximusM4」
  5. 記事に対する責任とチェックがないWikipedia
  6. 項目の削除といった露骨な情報操作
  7. コピペはむしろWikipediaではないのか
  8. 民間の経営を圧迫しているとも言えるWiki
  9. 知を広めてきた出版社の未来


1 WEBの百科事典・Wikipedia




Webで調べものをするとき、ネットの百科辞典を謳うWikipediaを使ったことがない人は、ほぼいないでしょう。

検索結果では上位に表示され、記述や写真も豊富にあるため、必要な情報をまずWikiで検索をする人も多いでしょう。





私もブログ記事を作る際に、多くのパブリックドメイン画像を使わせて貰っており、物凄く助かっております。



2 世間の集合知を活かせる利点




そのWikipediaの特徴は、何と言っても世間の集合知を活かせることです。

2019/06/05

打たれ弱いと言われる最近の子供のメンタルを鍛える方法






獅子の子落とし メンタルを鍛える 打たれ弱い子供


makieniさんによる写真ACからの写真 



最近の若者は、叱られるとすぐに拗ねてしまったり、意気消沈してしまったり、逆ギレしてしまう、などと言われることがあります。

確かに昔の学校では、いまなら間違いなくパワハラになるようなことが、普通に行われていました。

些細な例ですが、私が小中学生の頃は、定規でお尻を叩かれるようなことが普通にありました。







そこに愛があったのか、仮に愛があったとしても、有無を言わさず体罰になるのかといった判断は、当事者間の想いや第三者の客観的な指摘に加え、時代の認識というものが材料になると思いますが、今では体罰に対する意識が変わり、個性の尊重や多様性の掛け声のもと、子供の権利が大きくなって叱られることが極端に減り、打たれ弱くなっている傾向はあります。

また、子供同士もゲームで遊ぶことが増え、昔と比べてお行儀が良くなりつつあり、子供同士の喧嘩に関しても、親がより深く介入するといった事も関係し、いざこざやトラブルを経験する機会が減っているかもしれません。

そして、打たれり揉まれたりの経験がないと、いざそういった事象に遭遇したとき、簡単に打ちのめされてしまいます。

このように今の子供たちは、昔と比べて学校や家庭で怒られる機会が減り、また、トラブルを経験する機会が減ったのであれば、どこかで叱られたりトラブルの耐性を身につける必要があります

そんな現代の子供たちに対し、パワハラや虐待ではなしに鍛える方法を私は考えました。

まず人は、突発的な事象に遭遇すると狼狽します。

オレオレ詐欺などの騙しの手口は、息子が人様に多大な迷惑を掛けたという口実により、相手の分別を失わせます。

インターネットサイトで高額を請求されるワンクリック詐欺も、IPアドレスやOSのバージョンを表示して脅かすことで、相手の分別を失わせます。

痴漢の冤罪なども、思いもよらない出来事で狼狽し、その場で正気を失い、相手や駅員さんのなすがままに駅の事務室に連れてかれてしまうと、現行犯で逮捕される流れができてしまいます。

痴漢と間違えられた場合は、まず正気を保ち、その場から移動せず、相手の主張を確認し、それをスマホで録画や録音をし、自分はやっていないことを確実に宣言し、警察官が来たら、相手の主張する身体の箇所に自分の指紋や脂の採取を要求し、自分の指についても相手の衣服繊維片の採取を要求すれば、身の潔白を証明できる可能性は格段と高まり、少なくとも不利な立場にはならないでしょう。

これら突発的な事案に対抗するためには、不動心を備えることや、常に最悪を想定して行動することや、自分を客観視するメタ認知を鍛えることなどが有効です。

ただし、それらは日常でなかなか身に付くものではないのかもしれませんが、子供のうちから鍛えられるのであれば、やってあげたいと思いました。

そこで私は、以下の突発的な事案を作り出し、子供の精神を時々鍛えています。


タブレットの暗証番号をこっそり変える。 

トイレやお風呂の電気をいきなり消す

あえて電車を乗り越し、運賃の足りない切符を改札に通させる。

定休日のお店に、休みであることを知らせずに敢えて行く。



このような小手先の方法では、本物の精神の鍛錬には程遠いかもしれません。

本当に精神が飛躍するときとは、ギリギリの状況に精神が追い詰められ、その自分を徹底的に客観視して見据え、そこから抜け出した時であり、それは自分の人生の中で、自分の手で掴み取っていくしかありません。

ただ前述したように、昨今の若者は打たれ弱くなっているとの声があちこちで聞こえてきます。

その原因の一つとして、学校や家庭で怒られることが減り、叱られ耐性が身についていないことが間違いなく存在しています。

もちろんパワハラや虐待は論外ですが、獅子の子落とし(ししのこおとし)という慣用句があります。

獅子(ライオン)は、生まれた子を深い谷底に落とし、生き残った者だけを育てるという俗説から出来た言葉であり、これが転じ、自分の子供に試練を与え、その器量を試すとともに立派な子に育てようという意味として用いられています。

これは、弱者を排除するということではありません。

弱い者を見かけた時、自分が弱ければ、助けに行くことはできません。

その前に、自分が強くなければ自分すら守ることはできませんし、また弱い人だらけになってしまうと、全員が共倒れとなってしまう可能性があります。

自分が強くなければ身近な人を助けることもできず、それどころか、他の多くの助けたいと思う人も助けることができないのです。

皆さんも、今の小さな子供たちが、将来自分の人生に危機が訪れたときに狼狽せず対応できるよう、時には厳しく突き放し、また何か突発的な試練を作り出し、精神を鍛えてあげてみてはどうでしょうか。

そして、ときにダイヤモンドのように動じず、ときに枝垂れ柳のようにひょろりとかわす術を身につけてほしいものです。

先日シュークリームの中に、可愛いらしい程度ですが子供にワサビとカラシを入れられたので、その仕返しに、小さなゼリーを買ってきて、食べた後にそれ昆虫ゼリーだぞ、と嘘をついて脅かしてやりました。

これも突発的な出来事にはなりますが、やりすぎたり、急激にやると、何らかのトラウマができてしまう可能性もあるので、程々に少しずつ鍛えてあげるべきでしょう。

それが、いつか子供たちの力になると信じて。










参考サイト





関連記事



2019/05/26

バーチャルな小学生の異文化交流 サマースクールだけがすべてではない?






サバンナの地平線に沈む太陽とシルエットで浮かぶ二匹の象



RENE RAUSCHENBERGERによるPixabayからの画像 



子供たちの異文化交流として真っ先に上がるのは、夏季休暇中に、短期留学のような形で海外の英語圏へ訪れるサマースクールです。

先進国は均質化しているとはいえ、異国の地で触れ合うものは刺激を与えてくれます。





子供へのインパクトを考えると、海外の僻地などが面白いと思いますが、金銭・時間・危険性などから実現が難しいでしょう。そんな中で面白い書籍を見つけたので、私はそれを活用した異文化交流を子供に行ってみました。

そこで使用した本は、 アフリカのケニアで遊牧民として生まれ、後にアメリカに渡り、ハーバード大学へと進学した男性が自伝形式でマサイの暮らしを伝えている本です。

その本には、 著者が幼い頃の話として、家から何十kmと離れた牛の放牧場へ向かい、はるばる到着したその場所での寝床は、地面に牛の皮を敷いた星空の下であり、さらにその場所で、なんと野生のライオンが牛を狩りに襲ってきたと記されていました。


野生のライオンが襲ってくる?


このとんでもない記述は、間違いなく文明国・日本で育つ息子の教育に使えると考えました。

2019/05/19

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ聞き比べ  「悲愴」「テンペスト」「熱情」のNo. 1ピアニストは誰か?






ベートーヴェン ベートーベン 楽聖 激情家 芸術家 クラシック 癇癪持ち 難聴

ベートーヴェン
Wikimedia Commons  パブリックドメイン



楽聖ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの代表曲といえば、「ジャジャジャーーン」の冒頭で有名な交響曲第五番・運命を上げる人も多いでしょう。

激情家と評される芸術家に相応しい、感情の高ぶりを音符に乗せた一曲と言えるでしょう。






しかしその一方で、ピアノソナタ第14番・「月光」の第一楽章のような優しい曲も人気があります。

この激しさと優しさが同居する名曲には、ベートーヴェンの最高傑作とも評されるピアノソナタ第23番・「熱情」が上げられます。

2019/05/06

芸術活動とは? を鎌倉時代の仏師・運慶から紐解きます






仏師・運慶が作成した大日如来坐像


運慶作 国宝・大日如来坐像
奈良県・圓成寺


目次 読了5分





1 仏師・運慶の代表作である仁王像


奈良・東大寺の山門には、巨大な一対の仁王像(金剛力士像)が、参内者を威嚇するようにそびえ立っています。

この睨みを効かせた国宝の仁王像は、鎌倉時代に活躍した、仏像を彫る仏師・運慶の代表作として知られています。





この迫力と躍動感は、単に木を削り、それらを継ぎ合わせただけの仏に、魂を込めようとした創作者の想いが表れており、お寺の守り神に相応しい姿形と言えるでしょう。


仏作って魂入れず(ほとけつくってたましいいれず)


ではなく、仏を作り、そこに魂を注入した仏師の面目躍如といったところかもしれません。