2018/12/28

平成のドン・キホーテが平成を振り返り、平成に別れを告げる そして元号が改まったいま、新しい時代もひとつよろしくお願いいたします。









引用 国立公文書館 平成元号の書



平成最後のなんちゃら。

こんなセリフがあちこちで登場するように、もう間もなく、平成という一つの時代が終わろうとしています。




平成の始まりは、誰彼なしに直接電話をかけたブッチホンでおなじみの小渕さんからでした。

2018/12/23

木を見て森を見る視座を獲得する方法  近視眼的な物の見方に縛られない人材になるためには?









canvaより




木を見て森を見ず

という言葉がありますが、何かの判断に際し、忘れてはならない重要な戒めです。

よくある例え話として、象やキリンといった大きな動物を至近距離で観察した時と、全体が分かるやや離れて観察した時の違いが挙げられるように、対象をいくら間近で調べても判別つかないことが、後方から見ると簡単に把握できることがあります。

つまり、近視眼的な物の見方では対象を正しく捉えることはできず、対象を正しく捉えることができないということは、正常な判断や決定ができないということになります。





では、この視点をどのように獲得するかが本記事の主題ですが、結論を言うと、紙の新聞を読むことで得られます。

2018/12/11

会社組織での異端者は排除することなく飲み込め  宿主との共生からはじまったミトコンドリアの進化







水と油 異物を飲み込む


andrea candrajaによるPixabayからの画像 




組織には、人事異動が付き物です。

その目的は、適材適所に人を配置し、組織のパフォーマンスを最大限に高めるためですが、話のネタとして最も盛り上がるのが人事異動とも言えます。






出向や転勤などの栄転や左遷は言うに及ばず、異動してくる人間の性格や能力は誰しもが気になるところです。