2018/07/17

松下政治塾の門を叩く人間の類型  小我ではなく大我を持つ必要性  








TK Kurikawaさんによる写真ACからの写真 


松下政経塾という名の政治家を養成する私塾があります。

松下電器産業(現パナソニック)の創業者である松下幸之助が、「国家百年の大計」を実践できる政治家を育成するため、晩年に私財70億円を投じて創設したのが始まりです。






後に総理大臣となる一期生の野田佳彦氏のほか、「地盤・看板・カバン」、つまり「後援組織・知名度・政治資金」を持たない普通の若者が、国政への足掛かりとして次々に門をくぐっていきました。

1979年の設立から数十年を経た今日では、政治家だけでなく、神蔵孝之氏といった株式上場を果たした経営者など、各界のリーダーを数々輩出しています。

近頃は、松下政経塾を真似た「維新政治塾」・「小沢一郎政治塾」・「河村たかし政治塾」・「一新塾」など様々ありますが、本家は、茅ヶ崎の広大な敷地に立つ宿舎で寝泊りする全寮制となっています。

現在の研修期間は4年で、その中で茶道や禅といった日本の文化を学びながら、寝食を共にする仲間と切磋琢磨し、自らの志と情熱を練り上げていくカリキュラムが組まれています。

政経塾の概要は以上になりますが、寮生活とは、46時中一緒にいて起居を共にするため、お互いの性格が手に取るように分かります。

ましてや人生を賭けた者たちが集まり、日本や世界の将来を語り合うため、嫌でもお互いの人間性が露わになります。

そんな環境にいた塾生が残した、印象深い言葉があります。

それは、


政経塾に入って感じたのは、それまで出会った人間で、最も話が合うタイプと最も嫌いないタイプの両極端しかいなかったことです


引用文献 松下政経塾とは何か? 出井康博 新潮新書


この言葉をどう読み取るかは人それぞれですが、私は次のように解釈しました。

最も嫌いな者とは、政治家になることを目的とする人間のことであり、最も気の合う者とは、政治家になることを手段とする人間のことです。

世襲以外で政治家を志す人間は、その理由がどうであれ、間違いなくバイタリティはあります。

それは、厳しい選挙戦に負けたら身分や金銭の保証がないただの人となり、また政経塾は原則4年も塾に閉じ込められるのであり、仕事をしていれば辞めなければならず、新卒であれば一括採用の旬な時期を逃すことになるからです。

これらは大きなリスクであり、国会議員を目指す者で、特に後ろ盾もなく政経塾の門を叩く者は、それを抱え込むだけのバイタリティーを持っている証です。

ただし、そのバイタリティーの拠り所は各々違います。

ある者は理想の社会を目指すため、ある者は己の野心のため、ある者は誰かを見返すためと、その理由は様々でしょう。

このような中で、ある塾生の語った最も嫌いなタイプとは、政治家になることを目的とし、自己顕示など利己的な部分を前面に押し出す人間のことであり、最も話が合うタイプとは、政治家になることを手段とし、世の為人の為を掲げる人格者だということです。

どちらのタイプの人間が、政治家への道として有利に働いたかは分かりませんが、この両極端の大きなエネルギーが、自己を表現する最高の舞台とされる政治へと駆り立てるということです。

昨今は、世のため人のためという言葉が白々しく感じられる世相ですが、利他の精神とは、自分を犠牲にすることとは限らず、己の欲望を捨てることでもありません。

自分の持つ欲望を、自己顕示といった自分を満たすためだけに使うのではなく、世界中の人の幸せを実現させるだけの巨大な欲望に育て上げ、その大いなる利他を、大いなる利己に変換するのです。

自分だけの小さい枠に囚われた小我ではなく、大宇宙の意識に目覚めた大我を持つ。

大きな成功とは、小さな成功の積み重ねかもしれませんが、目指すべき先は、小さな成功ではなく、大きな成功であるべきでしょう。






参考文献(文字をクリックするとアマゾンのサイトに飛びます)
松下政経塾とは何か? 出井康博 新潮新書


0 件のコメント:

コメントを投稿