2018/07/30

軍事技術として確立したインターネットが民間に転用された二つの隠された理由






Gerd AltmannによるPixabayからの画像 



インターネットは、今や多くの人々にとって欠かすことのできないツールとなっています。

活版印刷や産業革命のように、人類の生活様式を劇的に変化させつつあります。





よく知られているようにインターネットの原形は、アメリカ国防総省が開発したARPANETの軍事技術です。ARPAとは米国防総省高等研究計画局(現DARPA)のことであるように、電話回線に代わる通信網を欲していた米軍が計画を推し進めました。

2018/07/22

剣豪・宮本武蔵が残した言葉「我事において後悔をせず」の意味






後悔先に立たず 我ことにおいて後悔をせす



剣豪・宮本武蔵
Wikimedia Commons


後悔先に立たず、という誰でも知っていることわざがあります。

意味は、事後に悔やんでもどうにもならない、であり、我々がことあるごとに直面する耳の痛い言葉です。





わかっちゃいるけどやめられない。それが後悔であり、いつまでも引きずる場合も多いでしょう。

2018/07/17

松下政治塾の門を叩く人間の類型  小我ではなく大我を持つ必要性  








TK Kurikawaさんによる写真ACからの写真 


松下政経塾という名の政治家を養成する私塾があります。

松下電器産業(現パナソニック)の創業者である松下幸之助が、「国家百年の大計」を実践できる政治家を育成するため、晩年に私財70億円を投じて創設したのが始まりです。






後に総理大臣となる一期生の野田佳彦氏のほか、「地盤・看板・カバン」、つまり「後援組織・知名度・政治資金」を持たない普通の若者が、国政への足掛かりとして次々に門をくぐっていきました。

2018/07/09

トランプ大統領が支持される理由はディープステートと戦っているためである  裏で進む1%人間たちの大量逮捕 







ドナルド・トランプ 大量逮捕 反ディープステート 大統領 野蛮人



U.S. Government works

Wikimedia Commons パブリックドメイン




目次 読了目安15分



  1. トランプ氏の大統領就任
  2. トランプ叩きの真相
  3. バッシングの真相を検証する
  4. 戦争屋ディープステートとの壮絶な戦い
  5. トランプ支持者の声を代弁するQアノン
  6. トランプ政権は軍事政権
  7. 世界でも進む世直し
  8. 大航海時代に神の名のもとに行われた虐殺
  9. ディープステートの手先・安倍政権
  10. 地震データの捏造や不可思議な事象
  11. 異常気象も軍事上の常識である自然改変装置の可能性
  12. 南海トラフ地震すらもデータ捏造という驚愕の事実
  13. 日本にも及びはじめたトランプ革命の余波






1 トランプ氏の大統領就任



第45代アメリカ大統領に、不動産王であったドナルド・トランプ氏が就任しました。

しかし、選挙期間中から今に至るまで、アメリカのメディアから散々な批判を浴びています。





また日本でも、今まで一切アメリカに楯突けなった国内メディアが一斉に攻撃を始めました。

奇妙な現象です。

2018/07/05

幕末のおすすめ歴史短編小説 落ちぶれた元侍を描いた二篇






車夫 人力車 車引き 西郷札 柘榴坂の仇討


Wikimedia Commons パブリックドメイン 


幕末の日本において、知識は行為によって完結するとした思想・陽明学が、志士たちに少なからず影響を与えました。

そして、陽明学を興した王陽明は、「啾啾吟」という題の詩を残しています。幕末の志士たちも口ずさんだとされるこの詩の大意は、次のようなものです。






自分が信じて選んだ道は、どんな行路でも道である。

眉をしかめて愁うことなく、少しずつ着実に歩いて行こうじゃないか。

物事の成否は、人間の与り知らぬ処にある。

心配ばかりしても仕方がないだろう。

他人の評価を気に病み、しくしく嘆き悲しんでは居られない。


この詩からは、窮地に陥っても前を向いて生きていくことの大切さを教えてくれます。