2018/06/01

器が小さいと思われるケチに子供が育たないよう親ができること






カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真 


どんなに仕事ができても、ケチな人間は周囲の信頼を勝ち取れません。

女性のケチはしっかり者とみなされますが、男性のケチは大概嫌われます。





以前職場でこんなことがありました。

先輩と二人で外部に出掛け、用事が済んだあとのことでした。


「携帯持ってるよね?」

と私は聞かれたので、

「ええ」

と答えました。

すると先輩は、

「今から言う番号打ち込んでくれる?」

と続けました。

私が携帯を取り出すと、同じように先輩も携帯を取り出し、画面を操作しながらある番号を私に告げました。

私が入力し終えたことを伝えると、

「じゃあそこに掛けて、A部署のBさんを呼び出してくれる?」

と先輩は言い、それから、

「相手が出たら代わって」

と付け加えました。

「……?」


なぜこの人は自分でかけないのかと思いましたが、すぐその理由に思い至りました。

それは電話代を節約するためだったのです。

私は一気に醒めてしまいました。

その先輩は他人にはっきりものを言う人で、その直裁さに好意を抱いていたのですが、それは単にケチからくる細かさだったことに気付かされました。

こういう人間は、どんなに優秀でも信頼されません。

実際その先輩は、金に対する図々しさや細かさから陰で文句を言われていました。

けちがなぜ嫌われるかは、身銭を切らない人間とは、文字通りいざとなれば身を切らず、自分を守ることで仲間を裏切る恐れがあるからでしょう。

よって、たとえポーズでも、気前よく仲間に振る舞うべきときがあるのかもしれません。

ちなみに、男性ホルモンであるテストステロンが多い人は、気前がいいそうです。

テストステロンが多い男性は、リスクを恐れないとの統計はよく知られていますので、「気前がいい=逃げない」との式は一応は成り立つのかもしれません。

私もその先輩ほどではありませんが、元来ケチな人間で、小さな頃そのことを父親に見抜かれ、そんな男にはなるなとたしなめられたものです。

しかし、性格とはなかなか変わらないもので、ときに気前よく奢ることはあるものの、その行為はどこかぎこちなく、また何やら見返りを期待しているのです。

田中角栄のように、嫌味なく自然に金を配り、相手にも心理的負担を掛けず、見返りすら期待しない大きな人間になるには、まだまだ修行が必要のようです。

では、子供がケチな人間に育たないように、親は何ができるのでしょうか?

骨の髄まで太っ腹で気宇壮大な人間というのは、後天的に育たないような気もしますが、少なくとも親が見本をみせることで、ケチくさい大人になることは阻止できるかもしれません。

ではここで親が出来る行動を挙げてみます。


  • コンビニやネットで募金をする
  • 浮浪者やストリートパフォーマーにお金を恵む
  • ツイキャスやYouTube Liveで投げ銭機能を使い、実況者にお金を投じる
  • 神社やお寺のお賽銭を弾む
  • 24時間テレビの会場に行く
  • 国内のお店でチップを与える
  • 外国でチップを多目に弾む


ぐらいでしょうか。

この中でオーソドックスなものは、コンビニでの募金です。

では、子供と二人でコンビニに来たときのことを想定してみます。

何かの商品を選び、レジに持って行き、代金を支払います。

そして、お釣が返ってきます。

大抵は、ここで受け取った砂利銭(じゃりせん)を募金箱に入れるのが一般的ですが、小銭ではインパクトがありません。

深く子供の心に刻み込むには、気前よく千円札あたりをリリースするべきです。

ただし、


「お父さんは、いまから千円も寄付しちゃうんだぞ!」


のようなひけらかす態度では駄目です。

現金な子供のことですから、


「そんなことするならもっとお菓子買ってよ!」


と言われるのがオチです。

あくまでもさりげなく投入しなくてはなりません。

しかし、子供に気付かれなくては意味がありませんので、妙技が求められます。

また、自己満足に浸ったり、子供からの尊敬を求めたり、何らかの見返りも期待してはいけません。

いわば人類愛のような大きな心持ちで、何かの足しになればどうぞ、と入れてあげましょう。

募金詐欺もなんのその、お金が必要ならどうぞ、と寄付をしてあげましょう。

そんな後姿を見れば、きっと子供の心に届くはずで、将来度量の広い大人になれるかもしれません。

ただし、ケチにも利点はあります。

お金は着実に貯まりますし、安易に他人へ金を貸し、戻ってこないトラブルに巻き込まれることもないでしょう。

また考えようによっては、仲間から嫌われることを恐れない孤高の人間であるとも言えます。

しかし、大概のケチは器が小さいと見なされ、仲間から嫌われ、信頼を勝ち取ることができませんので、世間のお父さん方は、ときに気前よくお金を支払う姿を子供に見せ、他人に施すことの大切さと、それが巡り巡って自分に返ってくることを、節約と共に教えてあげましょう。

また、昨今異常に叫ばれている、生物学的特質を無視した男女平等が進んでいけば、女性のケチも嫌われる時代がくるかもしれませんので、娘を持つ親御さんも、気前よく奢ることを教えるべきなのかもしれません。






0 件のコメント:

コメントを投稿