2018/06/30

何事も即行動すべき理由を異性への告白から考えてみる  巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)









mohamed HassanによるPixabayからの画像 
fujiwaraさんによる写真ACからの写真 


想いを実現させるためには、行動へ移さなければなりません。

さらに行動を決意したとしても、いつやるの? となります。




誰しもが、今でしょ! と言いたいところですが、明日以降でいいやと先延ばしにしてしまう人も多いでしょう。

結局はうやむやのまま、行動をやめてしまうことも多いかもしれません。

2018/06/26

自分の情けない姿を記録として残すべし 家康のように己の顰像(しかみぞう)を持て!






成功 捲土重来 どん底

徳川家康
Wikimedia Commons


戦国の覇者・徳川家康の自画像に、一風変わったやつれた表情の絵があります。

権力者らしからぬこの一枚は、通称しかみ像(顰像)と呼ばれています。





作品の由来は、三方ヶ原の戦いで武田信玄に大敗した家康が、苦境や屈辱を忘れないために、敗戦直後に描かせたと伝わるものですが、後の調査から江戸期に描かれた可能性が高いことが分かり、家康の器量を示す逸話は創作だったと結論付けられました。

2018/06/24

戦争屋(ディープステート)の御用出版社・文藝春秋社  文春砲で散々他人を攻撃しておきながら、都合の悪い書評を削除する卑怯な会社の正体とは?










少し前の話になりますが、作曲家の小室哲哉氏が、女性との密会を週刊文春にスクープされ、本人はその後に開いた緊急会見で不倫を否定し、その席で自身の引退を発表しました。

この事件で国民は、小室氏を執拗につけ回し、最終的に引導を渡すことになった文春砲に対し、怒りの声を挙げました。




TMNETWORKの一員として多くの名曲を世に送り出し、解散後も小室ファミリーのプロデューサーとして活躍し、詐欺事件などもありましたが、まだまだこれからを期待するファンも大勢いました。

2018/06/23

ネオ・成功の法則 序章(本作成用)










Eiji KikutaによるPixabayからの画像 とかっちゃんさんによる写真ACからの写真の合成




世の中には、成功の方法論を説く書籍が溢れています。

その理由は、多くの人が成功を望んでいるからです。





しかし、似たような本があるにも関わらず、毎年手を替え品を替え次々と発売され、消費されていきます。

その理由は、ほとんどの読者が成功できないからです。

2018/06/17

日本という国は、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、富裕な、抜け目がない、或る経済大国になってしまったのか?










先日、東海道新幹線の車内で禍々(まがまが)しい事件が発生し、一人の男性が命を落としました。

走行中ののぞみ車両において、ナタを持った犯人が女性に襲い掛かり、止めに入った勇気ある38歳の男性が首や胸などを刺されて亡くなりました。





この事件を受けた報道でフジテレビの記者が、


犯人を刺激したために、最悪の結果を招いた可能性がある


と失言し、犠牲となった梅田耕太郎さんを冒涜しました。


2018/06/09

子供を物やお金で釣る邪悪な方法がときに有効である理由  外発的動機付けから内発的動機付けへの変化








前回子供を褒めて育てることの危険性を述べました。

その理由は、褒めるという外的要因によって、子供が好きで取り組んでいる行為が、徐々に他者の評価を求めるよう動機が変化していき、純粋な喜びや興味を失っていくからです。子供を褒めて育てる危険性を考察する




では、もしこの作用が可逆反応(逆の反応も起こる)であるならば、子供にとって興味のない行為が、お金や物といった外的要因を加えることで、その行為自体を好きになる変化が起きるはずです。

2018/06/03

政権批判の大喜利から考える、庶民が大御所芸人に期待している反逆の精神








acworksさんによるイラストACからのイラスト 




笑点のメンバーが、大喜利で安倍政権を批判したことについて、ちょっとした物議を醸しています。

この件について、安倍応援団やネットウヨクらが例の如く騒ぎ立てているようです。




しかし、この程度で騒動になる方が問題です。

正直、今の政権は誰が見ても最悪です。

2018/06/01

ケチな大人に育たないよう親が子にできること  吝嗇はどんなに優秀でも嫌われます






カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真 


どんなに仕事ができても、ケチな人間は周囲の信頼を勝ち取れません。

女性のケチはしっかり者とみなされますが、男性のケチは大概嫌われます。





以前職場でこんなことがありました。