2018/05/27

人殺しや暗殺を命じる組織と対峙することの危険性  







暗殺 人殺し 他殺 殺人 安倍 公明党 創価学会 ユダヤマフィア ハザール


私のブログを読んでいる方は分かると思いますが、以下のようにディープステート(ハザール・ユダヤ)を告発する記事を書いています。


https://www.ishigakisou.com/2018/02/blog-post.html



そして同じように、ディープステート(戦争屋)の手先である安倍統一教会、創価学会公明党、麻生ロスチャイルドの悪事も暴露しています。




https://www.ishigakisou.com/2018/05/blog-post_27.html

https://www.ishigakisou.com/2018/02/blog-post_18.html



よって、ベンジャミン・フルフォード氏やリチャード・コシミズ氏やのように、子飼いの暴力団や似非右翼に狙われる可能性もあるので、ここに一応記しておきます。

この世には、善良ではない人間や組織が、残念ながら存在します。

そして、そのような組織になびく人間が大勢いることも事実です。

金、薬物、女、暴力などを用い、巧妙に手なずけていきます。

巷間に蔓延る陰謀論者のほとんども、真実に嘘の情報を混ぜる工作員です。

そんな勢力に対し、抵抗する人間も当然いますが、必ずしも正義が勝つ訳ではありません。

過去にも多くの人間が凶弾に倒れ、恐れた者たちは口を噤み、傍観者と成り果てました。

しかし、誰かがやらなければ、日本は変わりません。

権力は必ず腐敗し、過去に盤石だと思われた勢力も、それを倒す者たちが登場してきました。

ロシアにはプーチン大統領が誕生し、またアメリカでもトランプ大統領が当選し、悪が排除されつつありますが、日本は安倍や公明党といったディープステートの手先が未だに跋扈し、税金や国の組織を私物化している状態です。

ただ、現政権の悪事が暴かれ始め、立ち上がる人も増えてきました。

このままでは、自分たちの生活が立ち行かなくなると、多くの人たちが危機感を抱き始めています。

泰平の眠りについたままであった国民は、少しづつ変わろうとしています。

自分たちだけでなく、子どもたちの未来、日本国の将来、人類の未来を少しでも憂いているならば、真実を知ったうえで、行動に移すべきでしょう。

911をためらいもなく計画し、それを実行する組織に正義などあるはずもなく、そこにどんな論理が存在していたとしても、許してはならないでしょう。








関連記事






0 件のコメント:

コメントを投稿