2018/05/27

人殺しや暗殺を命じる組織と対峙することの危険性  







ナイフを持つ人殺しと拳銃を持つ人殺し



私のブログを読んでいる方は分かると思いますが、以下のようにディープステート(ハザール・ユダヤ)を告発する記事を書いています。






そして同じように、ディープステート(戦争屋)の手先である安倍統一教会、創価学会公明党、麻生ロスチャイルドの悪事も暴露しています。







よって、子飼いの暴力団や似非右翼に狙われたり、夜中に家に忍び込まれて始末され、不審死や自殺として処理されてしまう可能性もあるので、ここに一応記しておきます。

この世には、善良ではない人間や組織が、残念ながら存在します。

そして、そのような組織になびく人間が大勢いることも事実です。

金や地位を餌に取り込み、また脅しやV2Kなどの洗脳を用い、巧妙に手なずけていきます。

巨大国家アメリカの中央銀行・FRBを掌握し、各国家の要である通貨発行権のルールについても誘導し、その強大な権力と得た資金から、いつの間にか世界を乗っ取ってしまいました。

しかし、誰かがやらなければ、日本は変わりません。

権勢を誇った平家に限らず、権力は必ず腐敗し、過去に盤石だと思われた勢力も、それを倒す者たちが登場してきました。

ロシアにはプーチン大統領が誕生し、またアメリカでもトランプ大統領が当選し、悪が排除されつつあります。

日本でも、カルロスゴーンや安倍自民が検察に追い詰められ、変わりつつあるものの、公明党のような平和を騙るディープステートの手先が未だに跋扈している状態です。

このまま今の状況を見過ごすのか、それとも安倍政権時代のモリカケや桜を見る会などの疑惑などについて、何らかのアクションを取っていくのか。

もし自分たちだけでなく、子どもたちの未来、日本国の将来、人類の未来を少しでも憂いているならば、真実を知ったうえで、声を上げ、行動に移していくべきでしょう。

アメリカ同時多発テロ事件(911)などを、何のためらいもなく計画し、それを実行する組織に正義などあるはずもなく、そこにどんな論理が存在していたとしても許してはならず、それに付き従う勢力も許してはならないでしょう。










関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿