2018/05/27

宗教とは何かを考察し、人生に必要な理由を述べてみます






密教の仏であり宇宙の真理を表す大日如来の座った像

根津美術館所蔵 大日如来坐像
パブリックドメイン 



日本では、多くのカルト教団が幅を利かせており、宗教が胡散臭いもののように捉えられています。

また、何か科学的でないことを表すとき、それは宗教的だといった使われ方もします。

しかし、世の中には合理や科学では説明できない世界が存在します。





近年、宇宙の成り立ちや仕組みが解明されつつありますが、全体から見れば極僅かな範囲でしかなく、なぜそうなったかについては謎だらけです。

また、宇宙は138億年前に誕生したと考えられていますが、その前の無の状態はいつから存在しているのかや、宇宙の果てがどうなっているのかも、人間が用いている時間や空間の概念では理解できません。

ここには確実に、人間の認識が及ばない世界が存在しています。

そうであれば、宗教やスピリチュアルを全面的に否定することはできないはずです。

ただし世の中を見渡してみると、不安を煽って金をふんだくる宗教や、排他的な宗教など、インチキな教義を掲げる教団が幅を利かせています。

創価学会がいい例で、信仰に財務という名の金を要求し、賞ばかりかき集めて喜ぶ教祖様を崇め奉り、汚れ仕事はヤクザの後藤組に押し付け、始末が済めば知らんぷりを決め込むようなアコギな団体です。

さらにはパナマのノリエガ将軍が暴露したように、ディープステート(戦争屋)の手下となって、コカインといった麻薬で得た汚い金をロンダリングしており、そんなカルト教団を盲目的に信仰している人が大勢います。

それほど人々が現世に悩みを抱え、心の拠り所を求めている証でもありますが、こうした偽宗教の毒牙に掛かる前に、本物の宗教に触れるべきなのです。

ただ、宗教が身近になくとも、普段の生活に困ることはありません。

実際に、大多数の日本人は特定の宗教を信仰しておらず、出産時は神道の作法に従い、結婚時はキリスト教徒となり、葬式ではお経を唱えるように、何ら統一性がありません。

このことを持って、柔軟性や寛容性と捉える向きもありますが、信仰心が希薄であることは間違いなく、それで日常困ることもありません。

では、現代に宗教は必要ないのでしょうか?

そうではありません。

人生を生きていく上で、宗教は間違いなく必要です。

なぜなら、昨今遺伝子について大幅に解明されてきていますが、重要なことが一つ判明しています。

それは、ある特定の遺伝情報が形質として現れる場合、置かれた状況によって結果が異なることと、また後天的に獲得した形質(獲得形質)が遺伝するという研究結果です。

つまり、育った環境が、発現を含めた遺伝子そのものに作用するということです。

そして、環境をどう捉えるかは心の問題であり、またストレスが円形脱毛症を起こすように、心と身体は密接に繋がっていることを考えれば、置かれた境遇を心でどう感じるかが、直接遺伝子に作用すると言えるのです。

そのような中で宗教とは、心の持ちようや世界の成り立ちを真剣に追い求めた者たちが、一定の結論を下したものです。

よって、己の生きる指針を模索し、自分自身を確立するにあたり、本物の宗教が参考にならないはずがないのです。

では何が本物の宗教かと言うと、これは主観的なもので、また対立を煽るべきでもありません。

様々な宗教に触れ、自分で取捨選択していく以外にありませんが、始めにカルト教団と接触してしまうと、その相手が上手であれば呑み込まれてしまいます。

カルトの人間は、一度集会に来てごらんよと軽く誘ってきますが、行ってしまったが最後、何人もの信者に取り囲まれて、大概は陥落してしまうでしょう。

彼らは予め、優しい人間や、悩みを抱えた人間や、意思の弱い人間をターゲットに絞り、また折伏(しゃくぶく)をすれば功徳があると洗脳されているため、説得に必死になります。

このような危険を冒してカルト信者と接触しなくても、宗教に触れることはできます。

思索を重ねた修行者が産み出した教義や聖典がいくらでもあるからです。

ただし、仏教・キリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教を始め、儒教や道教なども含めると膨大な量になり、仏教だけでも様々な宗派と経典の解釈があり、この中でどれを選ぶかがまず問題になってしまいます。

また、広く浅くエッセンスだけを学んでも、上っ面をなぞるだけで得るものは少ないため、何か一つでも眼光紙背に徹するぐらい真剣に取り組むべきですが、その中に弘法大師空海の著作が挙がってくるでしょう。

なぜならまず仏教は、明治維新によって廃仏毀釈が起きるまで日本の文化と密接に関わっており、真言密教は仏教の集大成として登場した思想であり、また日本には、四国の霊場を巡るお遍路や、火の前で修行をする護摩が知られているように、お大師さん信仰があるからです。

ただ、空海の知名度の割には、その肝心な思想に触れている人はほとんどおらず、私も人生を悩み抜かなければ真言密教に出会わなかったと思いますが、単純に大師の前半生を見るだけでも驚異的であり、そんな人物の著作に一度は触れてみるべきなのです。

今で言うなら大師は、衰退し始めた地方の大病院を経営する家に産まれ、一身の期待を背負って必死に勉強し、東大の理科三類にトップ合格したけれども、医学では人は救えないと判断し、親族を説得する文章を書いて退学し、仏教を学ぶために僻地の山奥に一人で籠もり、人知れず10年も心身を鍛え、時折各お寺を訪れては密教の経典を勉強していたような超人です。(ここで言う医学とは儒教のことです)

そんな人間が残した言葉にこんなものがあります。


顕薬は塵を払い 真言は庫を開く

けんやくはちりをはらい しんごんはくらをひらく


顕教、つまり密教以外の仏教は表面の塵を払うだけだが、密教は庫を開いて本質に迫るということです。

この言葉が正しいかは自分で判断するべきですが、大師は次のような言葉も残しています。


虚空尽き 衆生尽き 涅槃尽きなば 我が願いも尽きん 

こくうつき しゅうじょうつき ねはんつきなば わがねがいもつきん


この大空がある限り、生きとし生けるものが存在する限り、その者たちすべてが悟りを得ない限り、私の願いは尽きることがない


直訳は上記になりますが、この言葉の真意を、元高野山真言宗管長の松長有慶氏は次のように解説しています。


すべての生き物が、苦しみから解放されて悟りを得なければ、私の活動は永遠に終わらない


これは壮大すぎる宣言です。

いわゆる密教も含めた大乗仏教とは、自分一人だけの悟りを重視するのではなく、多くの人間を救済するという点において特徴がありますが、これだけの言葉を残した宗教家は過去におらず、これを言わしめる根拠が、密教の経典や弘法大師の著作にあるのかを調べてみる価値はあるでしょう。

そこらの自己啓発書とは一線を画す、こんな桁外れな言葉をバックボーンに持つ人間の著作に一度触れてみることで、人間や人類にとっての宗教を考える機会にしても良いかもしれません。

仏教を、虚無主義と捉えている人も多いかと思いますが、密教は積極的で包容力のある思想です。

また、一般的な仏教の開祖は歴史上の人物である釈迦ですが、密教では、釈迦の悟りの元となった宇宙の真理を大日如来と名付け、その仏から教えが始まる点に特徴があります。

さらに密教は、すべての人間が仏となれる性質を持つと唱える大乗仏教においても、この現世で生身のまま悟りを開くことができる即身成仏を強調し、空海はその理論的根拠を「即身成仏義」で著しています。

密教のことを、ヒンドゥー教の衣を着た仏教と評する識者もいますが、仏教は自他を区別しませんので、人を階級で分けるカースト制度を許容するヒンズーとは、明らかに一線を画しています。

現代で、供養以外に宗教を必要とする場面といえば、願掛け、逃避、死の準備など、積極的とは言えない理由が多く、また、教義を強要したり金銭を要求するようなカルト教団との出会いから、もう宗教は懲り懲りだという方もいると思いますが、自分の生き方を見直す上で、密教を参考にしてみるといいかもしれません。

その取っ掛かりとして、いきなり経典を読むよりも、「密教とは」を解説した書物を読むといいと思います。





0 件のコメント:

コメントを投稿