2018/02/25

意味のある自己啓発方法を記します 己の限界を突破!








fujiwaraさんによる写真ACからの写真 




現在の自分自身や境遇に不満を持っている方は多いことでしょう。

そんな現状を変えるため、自己啓発や自分磨きに励んでいる方もいるでしょう。

ただ、ちょっとやそっとで己は変わりません。






巷に蔓延る(はびこる)、何処の馬の骨とも分からない講師が説く、「自分を劇的に変える方法」などといったキナ臭い講座を受けても、気付きはあっても己の本質を変化させることは難しいでしょう。

2018/02/18

GHQの言論統制から始まった戦後の日本メディアは、いま変わりつつあるのか?






GHQ 焚書 言論統制 日本のメディア 新聞


K-factoryさんによるイラストACからのイラスト 


以前とある評論家が、日本の新聞は右も左も揃ってバランスが取れており、言論の自由が保障されている証でもあると語っていました。

その見方は一面では正しいものの、本質を捉えていません。





日本の右の代表は読売新聞で、左の代表は朝日新聞ですが、戦後両社を発展させたのが、共にCIAのスパイです。

2018/02/01

ディープステートの正体とは? ユダヤの陰謀論を大富豪ロスチャイルド家から簡潔に説明する





ロスチャイルド ユダヤ 陰謀 NWO イルミナティ ロックフェラー



目次 読了時間20分




  1. 陰謀そのものであるアメリカの中央銀行・FRB 
  2. 法案の成立自体も曰く付きであった 
  3. 建国当時から政治家と対立してきたアメリカの中央銀行 
  4. FRBを国民の手に取り戻そうとした大統領・JFK 
  5. 陰謀の存在を陰謀論としてレッテルを貼ったCIA 
  6. イスラエルの核開発にも反対していたJFK 
  7. FRBについて調査を行ったレーガン大統領
  8. 政府紙幣を発行したフランクリン・ルーズベルト大統領
  9. ニューディール政策の本当の意味 
  10. ルーズベルトが最後に行った仕上げ・第二次世界大戦 
  11. アメリカの富豪・ロックフェラー家の存在 
  12. ロシア共産主義革命の資金提供者・ユダヤ財閥
  13. ナチス・ドイツにも資金提供したユダヤ資本 
  14. ヒトラーの正体 
  15. 南米に逃げた多くのナチス関係者 
  16. ナチス関係者を支援した後のCIA長官アレン・ダレス 
  17. 誇りを失ったゲルマン民族と大和民族 
  18. 第三次世界大戦への道筋 
  19. 日本に忍び込んだユダヤ財閥 
  20. スパイだと疑われている日本人一覧 
  21. 情報を掌握するユダヤ 
  22. 忘れてはならない反シオニズムのユダヤ人たち 
  23. 支配層に仕立て上げられた各国の指導者 
  24. 抹殺される反対者 
  25. シオニストの操り人形・安倍晋三 
  26. 真実を見えなくする情報工作







1 陰謀そのものであるアメリカの中央銀行・FRB





ユダヤのロスチャイルドが世界を支配し、その過程で数々の謀略を企ててきた。

これらの言説を陰謀論として嘲笑する人と、事実であるとして警鐘を鳴らす人がいます。





この両者の間には分厚い無関心層が横たわっていますが、一体真相はどこにあるのでしょうか?