2018/01/02

学生時代に経験するべき最も重要なこと





卒業証書の入った丸い筒を持つ女学生


Ni_photoさんによる写真ACからの写真 




高校や大学時代といえば、まさに青春真っ只中であり、勉強や部活に全力投球の学生も多いことでしょう。

将来、自分は何をして生きていくかは容易には決まらず、未来に対する漠然とした不安と期待を抱えながらも、日々楽しく過ごしていることでしょう。






ただ、この期間を終えれば、否が応でも卒業して社会に出て行かなければなりません。

そして、社会は学生が考えているよりも厳しい世界です。


まずは就職活動でその洗礼を受け、入社後は、上司や先輩からきついお叱りを喰らうことや、気の合わない人間と付き合わざるを得ないことや、責任がなくとも頭を下げなくてはならないことなど、様々な辛い状況に遭遇するでしょう。

そして、仕事上の大きな責任が伸し掛かることもあるでしょう。

また、総中流社会が崩壊し、豊かでなくなった今の日本で稼ぎを得ることは、どの企業も楽ではありません。

まずはそのことを理解し、家族の生活を支えるため、社会で闘っている親御さんに感謝をするべきですが、一人前に成長することが最大の恩返しになるはずです。

そのために、社会へ出る前の準備をしておかなければなりません。

では、その準備期間に何をするべきかですが、自分の生きる道を模索する以外に、厳しい生存競争に耐えうる精神を身に付けることが肝要です。

近年、日本国内の自殺者数は2万人台の前半を推移しています。

実際は、原因不明な死因を含めると膨大な自殺者数になるようですが、公式発表の数値を用いると、毎日50人を超える方々が自ら命を絶っている計算になります。

生物は自己保存の本能、つまり自己の生命を守り発展させる欲求があり、自殺をしたくてしている人はいないはずです。

社会には、人生を諦めてしまうほどの過酷な出来事が襲い掛かります。

もちろん、学生生活でも逃げ場のない虐めなどは存在し、悩みとは他と比較できない絶対的なものですが、様々な責任が増す成人のほうが、相対的に生きるのは厳しいはずです。

警察庁が公表する自殺情報を確認すると、未成年の比率が増えていますが、人口比で割り出せば、50代の自殺率がもっとも高い状態です。

そして、社会人となってから身に降りかかる自殺の要因となりうる出来事が、人間関係なのか、仕事関係なのか、健康関係なのか、他に関係することなのか分かりませんが、それらに対抗するには精神を強くすることです。

先天的な性格を変えることは難しいですが、精神を鍛え、危機に対する心構えを向上させることはできます。

こんなことを言うと、なにやら修行僧のようなものを想像するかもしれませんが、誰にでもできる簡単なことがあります。

例えば、もしあなたが新品のスマートフォンを購入し、次の日使用中に手を滑らせて落とし、傷を付けてしまったら大きなショックを受けるでしょう。

しかし、その後また落として傷付けてしまった場合、二回目はさほどショックを受けないはずです。

三回目になれば、まあ仕方がない、ぐらいの気持ちになっているでしょう。

これは、経済学で頻繁に用いられる限界効用逓減の法則と似た原理です。

限界効用逓減の法則とは、ある財の消費量が一単位増えるに従い、満足が低下していくことを表す法則で、例えば、空腹時に食べる一杯目のご飯は美味しく感じますが、二杯目、三杯目になると徐々に価値を感じなくなることです。

傷のショックは満足と正負逆の符号になりますが、我々の感覚である精神的インパンクは徐々に低下していきます。

要するに慣れの感覚ですが、何事も、最初の体験は精神に与える影響が大きくなります。

この原理を大きな枠組みで応用すると、心が敏感な思春期に一回目の悲惨なショックを経験をしておけば、二回目、三回目と悲劇に遭遇しても、精神的ショックはさほど受けないということです。

では、具体的なショックは何かと言いますと、思春期において激しく心を悩ますものといえば、恋の病です。

人の一生において、思春期の恋煩いこそ、最も精神を揺さ振るものだと言っても過言ではないでしょう。

つまり、恋をして、勇気を振り絞って告白し、振られることが必要なのです。

自ら失恋を望む人はいませんが、恋が成就してしまったならば、絶頂期に振られるのが効果的でしょう。

若いうちの失恋が致命傷になることも否定できず、あまり無責任なことは言えませんが、心が敏感な思春期の失恋は、必ずあなたの精神を強くしてくれるはずです。

社会人になってからの恋愛は、条件などの打算が働いてしまい、往々にして純粋ではなくなってしまうため、思春期の恋愛こそが重要であり、しかも失恋することが精神の鍛錬にうってつけなのです。

また、社会人になってから精神的な痛手を負うと、日々の仕事に忙殺され、回復を図る時間があまりありません。

親の庇護の下にある学生時代であれば、責任はなくそれなりに時間があるため、傷は回復しやすいでしょう。さらに失恋を失敗と捉えると、大きな失敗から立ち直った経験は、過酷な社会に船出をしていく事前準備となるはずです。

強靭な精神は、筋肉と同じで、痛みつけて回復したあとに得られるものです。

そして、痛みを経験した人間は、きっと他人に優しくなれるはずです。

学生時代には、社会や自分を知るためのアルバイトや、興味が赴くままの旅や読書、何かへの挑戦や努力など、自己の礎を築くためにすべきことは沢山ありますが、社会人になる前に高校生や大学生が経験するべき最も重要なことは、失恋ではないでしょうか。








参考文献




0 件のコメント:

コメントを投稿