2017/06/06

モダンなデザインへの挑戦として座れない椅子を作成した岡本太郎 「坐ることを拒否する椅子」







赤色の坐ることを拒否する椅子

坐ることを拒否する椅子
著作権法第46条



芸術家・岡本太郎さんの代表作といえば、大阪万博で異彩を放った巨大な建造物・「太陽の塔」が上がると思いますが、彼を理解するうえで最も適した作品は、


「坐ることを拒否する椅子」


だと断言します。





太郎氏は、「自分の職業は人間だ」と公言していたように、画家としてだけではなく幅広い分野で活躍し、様々な作品を遺しています。

絵画として有名な作品には、「痛ましき腕」「重工業」「森の掟」などがあり、京王井の頭線・渋谷駅の改札前に展示されている大作・「明日の神話」も有名です。

私の一押しの作品である「坐ることを拒否する椅子」は、川崎市岡本太郎美術館や、川崎市市民ミュージアムや、港区南青山の岡本太郎記念館など、様々な場所で実際に座ることができます。

では、なぜ「坐ることを拒否する椅子」が、太郎氏の理解に最も適しているかを説明します。

太郎氏は、何に対しても屈服せず、闘うことを身上に生きてきました。


幼年期はガキ大将に楯突いてイジメに遭い

小学生のときは学校に反発して何度も転校を繰り返し

描いた絵は売ろうとせず、鑑賞者の目や大衆に媚びず

長野県・諏訪大社の御柱祭でも、大木が急斜面を滑り降りる危険な木落しで、死んでも構わないと御柱に乗ろうとし


そんな闘う人間・岡本太郎が作成した、数種類ある「坐ることを拒否する椅子」ですが、どんなときでも安逸に流れることのなかった太郎氏の精神そのものが、この椅子には現れています。

そしてこの椅子を、あの三島由紀夫が大層欲しがったという逸話があります。

裸の男・岡本太郎とは対照的に、作品や自身を飾り立てた三島の美意識からすると、らしくなく、この挑発的な椅子が、庭にアポロ像が置かれた白亜の三島邸に似合うとは思えませんが、人間は自分でも理解できない側面を持っており、また、もしかしたら三島に何らかの強い理由があったのかもしれません。


少し話が逸れますが、あの有名な「太陽の塔」は、著名な宗教学者であるミルチャ・エリアーデの著作に記された「シャーマンの木」からインスパイアされたと言われています。

もし、ある人物を理解しようとするならば、その人物が創り上げた作品に接することもさることながら、その人物が影響を受けたものを調べることも、有効であることは疑う余地もありません。

どんな偉大な芸術家も、無から有は決して生み出せませんので、創造の土台となる知識や体験が必要です。


太郎氏にとって、エリアーデもその1つでしょう。


しかし、太郎氏が受けた影響についてエリアーデを殊更強調するような捉え方は、太郎氏を矮小化することになりかねません。

本人が語っているように、多種多様の絵画、哲学、民族学、スタンダールやドストエフスキーの小説、ルソーの随筆、コントル・アタックの盟友バタイユ、夜の会の花田清輝氏など、様々なものに影響を受けています。


いみじくもピカソが語ったように、


芸術家はあらゆるところから来るエモーションの集合場所である。空から、大地から、一片の紙から、過ぎ去る一つの形象、蜘蛛の巣から


引用文献 青春ピカソ 岡本太郎 新潮文庫


であり、人間・岡本太郎を創り上げたものは、まさしく森羅万象であり、生み出した作品もまた様々なのです。

そしてそのすべての作品の中に、何者にも屈しない精神が貫かれており、その代表が、



坐ることを拒否する椅子



岡本太郎記念館の屋外に置かれた幾つもの坐ることを拒否する椅子




であると私は思うのです。

もし岡本太郎の精神に触れたければ、数あるギリギリと攻めてくる文章もさることながら、この何種類もある「坐ることを拒否する椅子」と対決し、実際に座ってみることをお薦めします。

特に、岡本太郎さんが好きだった赤い色の椅子に座ってみることを、私はお薦めしたいです。









引用参考文献






関連記事



0 件のコメント:

コメントを投稿