2017/05/27

芸術とは何かを明晰に解説した本  岡本太郎「今日の芸術」









シルエットACより



本作は、破壊力抜群の劇薬とも言える書であり、この内容に感化された芸術家は数知れず、発売当初は広く一般の人たちにも読まれました。

本の内容は、芸術の変遷と本質を、岡本太郎氏が分かりやすく解説したものですが、芸術家を志す者や、芸術を鑑賞する者だけに留まらず、広く人間一般と芸術を絡めて話を進めており、現代を生きる人々にとって必読の書だと断言します。







あなたの人生は充実していますか?


この問いにイエスと答えられる人は、 それほど多くはないかもしれません。

2017/05/26

優秀な社員の条件とは、アンビバレント・決断力・審美眼を備えていること





優秀な社員の条件 優秀な人間 アンビバレント 決断力 審美眼


織田信長
Wikimedia Commons パブリックドメイン




諸説はあるものの、日本の歴史上に彗星の如く現れた織田信長は、中世の人間にも関わらず、神仏の祟りや死後の世界を信じなかったと言われています。

ただしそんな信長が、一度だけ神仏を頼ったことがありました。




それは海道一の弓取り、今川義元に攻め込まれた桶狭間の戦いのときです。

もちろん様々な異論はあるかと思いますが、人物の内面を想像し、自由自在に料理をするのは、後世に生きる歴史ファンの特権ですから、以下は私の推論も含めて話を進めます。

2017/05/20

ラスベガス旅行記 お気に入りのスポットが必ず見つかる観光地





文明の衝突 ラスベガス旅行記 文化の衝突


lance87によるPixabayからの画像 




砂漠に誕生した巨大都市・ラスベガスは、誰にとってもお気に入りのスポットが見つかる観光地だと思います。

そんな一大エンターテイメントの街・ラスベガスに何度か訪れた筆者が、様々な逸話を交えながら、その魅力を旅行記として記すとともに、そこで遭遇した日本とアメリカの文化の衝突についても書き記します。





私がラスベガスに興味を持ったきっかけは、恐らく高校生の時で、もう時効になりますが、当時仲間内では賭けトランプが流行っていました。

街中どこにでもあるパチンコ屋に皆で行くようになると、ギャンブルに対するハードルが下がってしまい、大した金額ではありませんでしたが、トランプも行うようになりました。

2017/05/07

頭の良い子供の育て方 理論編






E=MC²の数式



アインシュタインが特殊相対性理論から導き出した数式

E(エネルギー)= m(質量)× c(光速度) の二乗

Media Design and Media PublishingによるPixabayからの画像 




頭の良い子供の育て方 などと銘打てば、数多くの人が興味を示しますが、まずその前に「頭が良い」や「天才」を定義しなければなりません。

これは意見の別れるところですが、歴史上の天才として名前が挙がる自然哲学者のアイザック・ニュートン、物理学者のアルベルト・アインシュタインの人生を見れば分かるように、理論や公式などの発明、つまり創造力が優れていることが1つ挙げられます。






創造力とは、あるものとあるものを掛け合わせて新しい事物を創る能力であり、ここには価値も含まれます。