注目の投稿

軍事技術として確立したインターネットが民間に転用された二つの隠された理由

Gerd Altmann による Pixabay からの画像   目次 読了13分 人々の生活に欠かすことのできないツールとなったインターネット 新たな通信網を欲していた米軍が推し進めたネット技術 表に出ている軍事技術には何らか...

2017/04/08

死の恐怖を感じるバンジージャンプから得られるもの 勇気とその先にある自分







茨城県・竜神大吊橋でのバンジージャンプ

茨城県・竜神大吊橋でのバンジージャンプ

サンサンさんによる写真ACからの写真


「怖いもの見たさ」


という心理が人間にはあります。

これは、人間が持つ好奇心や安定への否定で説明できますが、「怖いもの見たさ」と聞いてオジサンの私が脳裏に浮かぶのは、小学生のとき、放課後にコックリさんをしたり、夏に皆で集まって怪談話をした事かもしれません。






今回はバンジージャンプの話であり、私は東京都稲城市のよみうりランドで行ったのですが、この時の動機は、純粋に好奇心があったことと、飛んだ後の自分の変化を知りたかったからでしょうか。

バンジージャンプの起源は、ニューカレドニアの北に位置するバツアヌ共和国で行われている、木で組み上げた高いやぐらから、命綱のツタを足にくくりつけて飛び降りる、ナゴール(Naghol)から来ています。

ナゴルは、翌年の山芋の豊作を祈る儀式ですが、少年の通過儀礼(イニシエーション)でもあります。

少年たちは、大人たちよりも低い位置から飛ぶのですが、このナゴルで少年たちは勇気を試され、飛ぶことができたら、一人前の男として認められるものです。

私がバンジージャンプの体験をしたとき、上の飛ぶ位置に辿り着くため、鉄骨の長い階段を上り、てっぺんに着いてから下を覗いたとき、背筋がゾーと凍りました。

これは、自己の生命が脅かされ、防衛本能が発動したことによる恐怖ですから、厳密には弱い心とは言えませんが、この恐怖を克服するには勇気が要ります。

そして、人生での困難や危機を乗り越えるには、勇気が必要です。

話は変わりますが、第二次世界大戦の終結を知らず、その後ジャングルで30年も戦っていた軍人の小野田寛郎氏が提唱する教育法として、自分の弱さと強さを感じさせるために行っていたカリキュラムがあります。

それはキャンプにおいて、暗闇の山道を子供たちに歩かせるというものです。

真っ暗な森の中で、小さな光を目印に歩いていくのですが、辺りは何も見えないため、大人でも怖さを感じます。

この怖さは、普段人間が得ている情報の8割から9割が視覚によるものだからです。

いつも頼りにしている視覚からの情報が遮断され、当然怖さを感じますが、やがて時間が経つと、聴覚や触覚など他の五感が働くようになり、また暗闇で瞳孔が開いてくると、周りのものが見えてくるようになります。

このように暗闇の山道を歩くことで、人間の弱さを感じさせ、そして勇気を振り絞って進むにつれ、人間の持つ強さを感じさせるプログラムを生前の小野田氏は思いつき、自然塾で行っていました。

これを一歩進め、死の恐怖という人間の持つ弱さを認識し、それを克服する勇気を試す機会のバンジージャンプは、若いうちに挑戦してみる価値があります。

ではここで、勇気に関する名言を幾つか挙げてみます。



富を失うものは、多くを失う。
友人を失う者は、さらに多くを失う。
しかし、勇気を失う者は、全てを失う。


He who loses wealth loses much; he who loses a friend loses more; but he that loses his courage loses all.

ミゲル・デ・セルバンテス(スペインの作家)



財産を失うことは、いくらかを失うことである。
名誉を失うことは、多くを失うことである。
しかし、勇気を失うことは、すべてを失うことであり、生まれてこないほうが良かったであろう。

Money lost, something lost. Honor lost, much lost. Courage lost, everything lost-better you were never born.

ゲーテ(ドイツの作家)



もしも、この世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。

We could never learn to be brave and patient, if there were only joy in the world.

ヘレン・ケラー(アメリカの盲ろう者)



勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない。

Without courage all other virtues lose their meaning.

ウィンストン・チャーチル(イギリスの政治家)



人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ、必ずものになる。

松下幸之助(日本の実業家)



バンジージャンプを試すことで、死ぬかもしれない恐怖を体験し、自分の弱い心を知り、勇気を出してその恐怖を克服し、実際に飛べれば、自己肯定感に繋がります。

たとえ直前に止めたとしても、死ぬかもしれない恐怖を経験できたことは、必ず活きます。

人生には数々の恐怖が襲ってきます。

そのときに、事前に大きな恐怖を経験して慣れておけば、いくぶん対処がしやすくなります。

また、直前に尻込みして飛ぶのを中止したとしても、その自らの弱さを認めたとき、それは強さに変わります。

そして一番大事なことは、死を自覚することは、生を自覚することだからです。

生と死は表裏一体で、一如(いちにょ)の関係です。

戸塚ヨットスクールで知られる戸塚宏氏は、脳幹トレーニングという方法で、数多くの情緒障がい児を社会復帰させてきました。

その方法とは、質の高い不快感を与える、つまり生死に関わる体験をさせ、人間の生命維持機能を司る脳幹を鍛え、生きる力を回復させるものです。

やり方は簡単で、ただプールや海に板を浮かべ、その上で子供を遊ばせるだけです。

落ちたら窒息して死ぬかもしれない恐怖が、生きる本能を呼び覚ますのです。

不幸にも訓練生が亡くなる事故がありましたが、この方法で、非行、不登校、家庭内暴力を起こす子供たちを、戸塚氏は確実に再生させてきました。

ですから、同じく死を身近に感じるバンジージャンプを、試してみる価値があるのです。

もし可能であれば、バンジージャンプよりも、崖から海に飛び込むほうが、より強烈に死と生を感じられるでしょう。

私には怖くてできませんが、命綱なしで、高い崖から海に飛び込むコンテストがあります。

レッドブルが主催するクリフダイビングという競技です。

2016年には、和歌山県にある白浜の三段壁で実施されました。




和歌山県の白浜三段壁



mr93さんによる写真ACからの写真


この競技は、崖の上から命綱なしで飛び込むのですが、実際人生にも命綱があるようでありません。

地域の共同体は崩壊し、最後のセーフティネットである生活保護の受給は簡単ではなく、一度ホームレスに転落すると、住所がないために仕事も探せず、なかなか這い上がれなくなります。


このように、命綱のない人生を渡っていくために、勇気や生きる力を養わなければなりません。

そのため、若いうちに、また成人してからも、死の恐怖を体感し、その恐怖を勇気で克服する鍛練と、生きる力を養成することが必要なのです。


ぜひともお子様に、バンジージャンプをやらせてみてください。

ただし、万が一の危険があることも必ず知らせ、そしてそれとは別に、人間が生きるということは、常にリスクが存在することも教えてあげるべきでしょう。








参考文献





関連記事






0 件のコメント:

コメントを投稿