2017/03/01

熱血予備校講師 代々木ゼミナール・西谷昇二 「何のために生まれて、何をして生きるのか?」









誰しも、多感な時期に接した想い出に残る先生がいると思います。

遠い昔の浪人生時代、私は代々木ゼミナールに通っており、英語は西谷昇二先生のコマを受講していました。




代ゼミの西谷といえば、予備校業界では東進ハイスクールの林先生に負けず劣らず有名で、講師歴は30年以上になるそうなので、この記事を読んでいる方の中にも教えを受けた方がいることでしょう。

西谷先生は、何かと精神的に不安定な予備校生に対し、いつも溌剌と講義をしてくださり、元気を貰ったことを覚えています。

私の座る席はいつも後ろの方で、録音テープを用意するわけでもなく、真面目な生徒とは言えませんでしたが、講義はしっかりと聞いていました。

生徒を鼓舞するだけに長けていて、教え方はさっぱりの講師もいるような中で、先生の教え方は要点を付くもので、分かりやすかったように記憶しています。

講師の当たり外れに関しては、実際に受講してみないと解らないので、生徒に合う合わないもあり、一種の賭けのようなものでしょう。

もし、これから塾に通うことを検討している学生がいるなら、代ゼミに限らず、プレ講義のようなものがあると思いますので、なるべくなら講師の選択を外さないよう慎重に選んでください。

また、今は昔とは違い、
WEB上に授業の動画がアップされ、嘘も多いですがネットで講師の評判も確認できますので、それらを参考にできます。

もっとも、暗記だらけの受験勉強に疑問が呈され、学歴を手に入れることや校舎で講義を受けることの価値が薄れ、雑多な友人関係さえもわざわざ大学に行かなくても得られる現状では、全く違う選択肢を考慮に入れるべきなのかもしれません。

また、多くの学生が奨学金を借りていますが、多額の借金を背負ってまで学ぶべきことなのかも、真剣に検討するべきでしょう。

こんな事を言うと、お世話になった西谷先生をはじめ、受験産業に従事する方々に怒られてしまいそうですが、お金や時間は有限であり、手持ちの資源をどのように配分し、どのように投資や消費、または浪費に回していくかは人生における重要なテーマです。

ただし後から振り返ると、実はあの浪費が将来への投資となっていたということはあり得ますので、一概には何が正しいかは選択時に判断できず、事後にすら分からないことも多いでしょう。

私自身のことを振り返ってみると、それこそ時間だけはあった大学時代に経験した下らない事が今に活きていると思うこともありますし、身を入れて本当の勉強や読書をすればよかったと思うこともあります。

話は戻りますが、西谷先生は時折アンパンマンのマーチを歌っていました。

その魂の叫びのような歌声から、多くの勇気を貰いました。

歌いながらジャンプをして、アンパンチで天井を壊したことが過去にあったと話していたことも記憶しています。

しかし、先生は元気一辺倒ではなく、その元気の裏で暗い影を背負っていました。

ここでは詳しく述べませんが、自らの出自に引け目を感じ、生きてきたことを話してくれました。

その出自のためか分かりませんが、先生は30歳まで定職に就かず、自分探しをしていたそうです。

そんな先生を変えたのが奥様との出会いで、奥様との色んなエピソードを自慢げに話していたことを覚えています。

今ではその奥様と別れてしまったそうですが、家族の話以外にも、人生や音楽、文学などについて語ってくれました。

その中で記憶に残っている言葉が一つあります。



A man is not finished when he is defeated. He is finished when he quits.

人間は負けたら終わりなのではない、辞めたら終わりなのだ


第37代アメリカ合衆国大統領 リチャード・ニクソン


このニクソンの言葉は、講義で聞いたのかテキストに書かれていたのか覚えていませんが、私の心に残っています。

調べてみると、アンパンマンの世間でのブレイクは、作者の
やなせたかし氏が50歳から描き始めてから20年後の70歳になる直前のことだそうです。

やなせ氏が、「人間は負けたら終わりではない、止めたら終わりなのだ」の言葉を地で行く人であったことが分かります。


なんのために生まれて なにをして生きるのか


このフレーズはアンパンマンのマーチのありますが、この問いに答えを見つけた人だけが、ニクソンの言葉を自分自身に問い続けることができるのだと思います。







関連記事
東京大学理科三類に入学する価値はあるのか? 日本に天才を生み出さないために学制改革を行なったGHQ(証言あり)



0 件のコメント:

コメントを投稿