2017/02/04

おすすめの成人読み切り漫画・ゴルゴ13のベストエピソード「すべて人民のもの」








ニコライ2世の結婚式(1894年)

Wikimedia Commons パブリックドメイン


さいとう・たかお賞が、新たな漫画賞として創設されました。

応募要件は、シナリオと作画が分かれ、成人男女を主な読者層と想定している作品です。





審査委員は、さいとう・たかお、やまさき十三、池上遼一、佐藤優、相賀昌宏となっています。

そのさいとう・たかお氏の代表作と言えば、ビックコミックで連載しているゴルゴ13です。

超A級スナイパーである主人公デューク東郷が、世界中を所狭しと活躍する読み切り成人向けマンガです。

読者は、謎の多いニヒルな主人公に魅了され、さらに国際情勢に詳しくなるというオマケつきです。


私も若い頃ハマリました。

最終回は、もうすでに書き上げているそうですが、まだまだ長期連載が続くでしょう。


では数あるエピソードの中で、おすすめはどれでしょうか。

平成13年に誌上で行われた読者人気投票でベストワンを獲得したのは、


「日本人・東研作」


となっていますが、私は、


「すべて人民のもの」


を推したいと思います。


舞台は冷戦時代、スイスの銀行に預けられている、ロマノフ王朝の莫大な遺産を引き出しに来たニコライ二世の孫と称するソ連の軍人とゴルゴ13を巡り、一大スペクタクルな展開で物語が進んでいきます。

本当の歴史は、ロシア革命の主力メンバーであったトロツキーやレーニンらに資金を提供していた、NYのウォール街を采配する国際金融資本のハザールユダヤに強奪されましたが、本エピソードは、ゴルゴの出生を絡めた胸躍るものとなっています。

他のお薦めエピソードとしては、


「バイオニック・ソルジャー」


個人的には挙げたいです。

ペンタゴンが技術を結集して造り上げた最強の人間兵器・ライリーとゴルゴの対決は、息詰まるものがあります。

どのエピソードを面白いと感じるかは個人差があるので、全巻を読んで自分で確認したいところですが、そんな時間を取れる人はなかなかいませんので、つまみ食いで、いいとこどりをしたければ、コアなファンのランキングを見ながら選んでいくのがいいかもしれません。

ということで、成人の読み切り漫画として人気を集めるゴルゴ13について、数あるタイトルの中で私がおすすめするベストエピソードは、ロマノフ王朝について記された「すべて人民のもの」です。

興味を持った方は是非読んでみてください。














0 件のコメント:

コメントを投稿