2017/02/14

悲観主義を改善するためのおすすめ本「オプティミストはなぜ成功するか」の要約





老婆が両手を顔に当てている


Free-PhotosによるPixabayからの画像 


挫折や困難に見舞われたとき、すぐに立ち直る人もいれば、打ちのめされたままの人もいます。

昨今、「レジリエンス(resilience)」という回復力や復元力を意味するキーワードが注目を集めているように、挫折や困難から立ち直る要因を解明することが盛んになっているようです。







では、すぐ立ち直る人とそうでない人の違いは一体どこからくるのでしょうか?

その原因を本書「オプティミストはなぜ成功するか」では、環境なのか遺伝なのかを簡潔に説明し、楽観主義と悲観主義のそれぞれの特色を挙げ、悲観主義を改善するプログラムを提示しています。

そして、楽観主義は学習できると著者は言います。

悲観的に物事を捉えたり、無力感に陥ることは、学習によって身に付いたものであるため、それらは学習によって逃れることもできると力強く言います。

本書で提示するペシミストからオプティミストへの変身方法は、徹底的な研究を経ており、すでに数千人の成人がこの方法で成功しているとも述べています。

ただし、楽観主義を手放しで推奨している訳ではなく、悲観主義が必要な場面や職業があることも認めています。


悲観主義者やうつ病患者は、現実を認識する能力が優れているとも言われ、オプティミストの中には、自惚れの強い人間や自分の責任を他人に擦り付けるような人間がいることも事実です。

そのうえで著者は言います。


オプティミストになることは、わがままやうぬぼれ屋になることではなく、挫折を味わったとき、元気が出る語りかけの方法を身に付けることであると。

本書の題名は、「オプティミストはなぜ成功するか」ですが、


「悲観主義は改善できる」


の方が正確に特色を表していると思います。

悲観主義の改善がもたらす結果として、様々な利点が挙げられますが、その中で、カルト宗教からの洗脳を防ぐことが一つあるでしょう。

人は悲劇に見舞われたとき、何かに頼ろうとします。

病気や身内の不幸などで精神が疲弊しているとき、神仏の教えに身を任せることは間違いではありません。

しかし、そこに付け込んで甘い言葉を掛けてくる人間がいることも忘れてはなりません。

悲観主義の改善は、人生の様々な場面で自分を救ってくれるはずであり、
是非とも本書を手に取って、一人でも多くの日本人が悲観的な考え方から抜け出せることを願っています。

ここで1つの言葉を紹介します。


私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ。

I have not failed. I've just found 10,000 ways that won't work.



アメリカの発明家 トーマス・エジソン


これぐらいの楽観主義者になれると、人生も上手くいくでしょう。

ただし、虐待などの悲惨な経験をし、そのトラウマから起こる悲観主義の場合は、本書を読んでもなかなか変わることができないかもしれません。

その場合は、スーザン・フォワードの「毒になる親」を読み、親との関係を改善させることが先決だと思います。

ちなみに本書は、悲観主義に陥らない子供に育てるという意味で、育児書としてもお薦めです。





紹介図書
オプティミストはなぜ成功するか パンローリング株式会社  マーティン・セリグマン





関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿