2017/01/31

顕現した神と邂逅した宇宙飛行士たち  人類の精神史に刻まれた1ページを記す「宇宙からの帰還」立花隆







月から見た地球

NASA パブリックドメイン


書籍「宇宙からの帰還」は、宇宙空間での滞在を経て、地球に帰還した宇宙飛行士たちの内面を追ったドキュメントである。

司馬遼太郎氏が、大いに知的好奇心を刺激されたとこの本を評したことや、野口聡一氏が、この本に影響を受けて宇宙飛行士を目指しはじめたことは良く知られている。





読者たち以上に、この本に登場する人物たちに起きた影響は実に多大で様々である。

ある者はキリスト教を捨て、ある者はキリスト教にますます傾倒し、ある者は精神に支障をきたした。

だが、一人として無神論者になったものはいないという記述の通り、この本には神を知る手掛かりが隠されている。

そして、物語は進化論へと及んでいく。

人類が地球という住み慣れた惑星から、苛酷な環境である宇宙空間に飛び出していく歩みを、過去、海の中にしか存在しえなかった地球上の生物が、地上へと進んでいったことになぞらえているところも興味深い。


神とは何か? 進化とは何か? 人間とは何か?


を深く考えるきっかけをこの本は与えてくれる。

なお補足すると、宇宙船内でしか活動していない飛行士と、船外に出て宇宙遊泳を行った飛行士との差や、地球軌道だけしか経験していない飛行士と、月軌道に乗り、暗黒の大宇宙に浮かぶ小さくて丸い地球を見た飛行士とでは、精神に生じる衝撃が決定的に違うことが述べられている。






関連記事
月面着陸の捏造を検証し、太陽系を飛び出す人類の未来と挑戦を占うドキュメンタリー映画 「ザ・ムーン」を語る。




宇宙からの帰還 (中公文庫)    中央公論新社 立花 隆

不器用でも信念を持つ者を本物の人間と言う  シルベスター・スタローン主演のおすすめ映画「ロッキー(Rocky)」








Wikimedia Commonsより
著作権表示なしのパブリックドメイン


熱くなれる映画の代表格である「ロッキー」の主演はシルヴェスター・スタローンであり、脚本を書いたのもスタローンです。

そう、この作品の筋書はスタローンが考え、それにしたがって主役を演じたのもスタローンであり、そのいきさつは以下の通りです。





当時の世に出る前のスタローンは、無名役者で極貧生活を送っていました。

地球という星の変遷 NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅









Wikimedia Commons パブリックドメイン


もしあなたがホモ・サピエンスであるならば、本作は必ず見ておくべき映像でしょう。




46億年前に太陽系に誕生し、今日まで生命を育んできた地球は、母なる大地などではありませんでした。