2020/10/15

BLM問題を人種間対立にすべきではない理由 







画像 canva/momnol



アメリカで大きな問題となった、黒人差別に反対するブラック・ライブズ・マター(BLM)ですが、この問題は人種的な対立にすべきではありません。

私は小学生の時、サッカーの海外遠征で韓国に行き、同年代の韓国人が住む一般の韓国人家庭で、ホームステイを経験しています。







日本語しか話せない地方の一日本人少年が、韓国語しか話せない韓国人少年と意思疎通を図るのは、当然ですが簡単なことではありませんでした。

しかし、ごく短期間でしたが、一緒の部屋で寝て、朝早く起きてマンションの裏山に赴き、一緒に天然水を汲んで飲んだとき、決して大袈裟な表現ではなく、同じ人間として、大地の恵みを受けていると実感しました。

これは、他者と繋がる共通項が見付からなかったために、より大きな枠組みである人間を、私自身が持ち出したからだと思います。

韓国は国策で反日教育をしている。これは事実でしょう。

それを裏で操っている勢力は、桜井誠や百田尚樹の背後と同じです。


そのため、それらの言動に染まってしまうと、反韓、反日になってしまい、たとえ否定していても、発信力のある人間の影響は、言葉の残像として受け取ってしまいますが、決して人種による優劣の問題にすべきではないでしょう。

人種による特徴はあれど、そこに優劣はなく、単なる環境適応です。

日本の国会議員でも、過去に河野太郎が、在日認定されたことに対し、法的措置も検討すると激怒しましたが、元在日が帰化をして国会議員になるのは法的に認められているのだから、この発言は明らかに人種に基づいた偏見です。

国会議員は出自を明らかにすべきだと思いますし、また帰化した議員が元の国のために働くことは大問題ですが、新井将敬氏のように日本のために朝鮮半島と関わろうとした議員もいます。

しかし、河野太郎のような大臣まで務める国会議員が、言動ではなく人種そのものによって判断する状況がある限り、人種による偏見を持つ人や、人種間対立や、差別を声高に叫ぶ人たちは、減っていかないでしょう。

HIPHOPが好きな私からすれば、単純な黒人差別など考えられませんが、人種による特徴に優劣はなく、環境適応の問題として捉えていくべきでしょう。

ただし、人種差別を必要以上に煽る勢力が存在していることや、焦点は別にあるにも関わらず、問題を人種差別にすり替え、差別を盾に逃げようとする勢力や、差別をことさら煽ることで国民市民の言論を封じ、人々を徹底的に管理しようとする勢力が存在していることも、理解しておかなくてはならないでしょう。






関連記事



2020/08/07

国民のガス抜きとスピン報道のための文春砲 卑怯な雑誌・週刊文春の正体






MicroOne / PIXTA(ピクスタ)



雑誌・週刊文春が取り上げる文春砲は、東出昌大さんや渡部建さんの不倫をスクープしたように、世間ではもうお馴染みとなっているようです。

不倫報道は様々な意見があるものの、有名人に対する興味・嫉妬・羨望・ルサンチマンなども重なり、巷では話のネタとしては盛り上がります。

私の考えとしては、不倫は個人的な問題であり、また夫婦間の問題であり、全く関係のないの第三者である週刊誌の記者が、さも自分たちが正義であるかのように追及することは間違っていると思います。


週刊文春は、過去小室哲哉さんの不倫についても執拗に追及し、世間から大々的にバッシングを受け、編集長が見苦しい言い訳をし、記事をこっそりネットから削除したにも関わらず、いまだに懲りず、芸能人の不倫を暴いているようです。

そんな他人のプライベードに土足で踏み込み、第三者へと激しく攻撃する週刊文春ですが、自分たちへの批判はなかったことにしてしまうような卑怯な雑誌です。

2020/06/23

価値観が「モノからコトへ」変わったとしても、「モノそのものがコトへ移り変わる」事象を自動車産業から考察します







車のサイドミラー


Canva - 提供者:Lisa Fotios 


最近よく聞く言葉に、「モノからコトへ」というものがあります。

この言葉を経済産業省では、「モノ」である物質的価値から、「コト」である情緒的価値へのシフトと定義しています。


もう少し分かりやすく言うと、世の中には物が溢れ、商品そのものを手に入れることの価値が低下し、また似たような商品が増えている現状があります。

そのような中で、単に物を所有するだけでは満足に至らず、所有した物をサービス・他の物・情報などと結び付けた体験を重視するのが「コト」消費です。


2020/05/03

昭和の怪人と呼ばれた今東光和尚と私










岩手県 中尊寺 金色堂

画像 なっちゃん / PIXTA(ピクスタ)



人は人生を歩んでいくなかで、様々な人に出会います。

そしてその中には、自分の生き様や言動に影響を与えてくれる人物が、必ずどこかにいます。


尊敬する人・憧れの人・師匠・ロールモデル・メンター


このように様々な言い方があり、自分の人生を根底から変えてしまう人も中にはいるかもしれません。

またそれは、実在しない本の中で接する人物のケースもあるでしょう。







私にとって師匠と呼べる存在は、天台宗の僧侶で、作家や参議院議員も務めた今東光氏と言えるかもしれません。

今和尚は私が産まれた歳に亡くなっているので、もちろん面識はなく、名前を知ったのも30歳を超えてからでした。

私と今和尚との出会いは、ひょんなところから始まりました。

2020/05/01

日本を活性化するためにビジネスを創造する「CAMPFIREコミュニティ」を立ち上げました。




東京スカイツリーと富士山と夜明け


canva / Nanostockk


日本社会で語られるキーワードに、「失われた30年」というものがあります。


バブル崩壊後から立ち直れない日本社会を表す言葉です。

いまウイルス騒動が日本だけでなく世界を覆っていますが、多くの国で経済活動が再開されはじめているように、いずれは収束し、日本も平穏な社会を取り戻すはずです。

しかしその後、この国は経済を回復させることができるだろうか? 

恐らくそんな声が聞こえてくるでしょう。

少子高齢化が進み、街は寂れ、市場も縮小していくだけで、この国に明るい未来はない。

多くの人がそう考えているでしょう。

そのような悲観的な論調を打ち壊し、日本を立ち直らせていくには、お金を社会に循環させ、雇用や消費を生み出していく必要があります。

よって私が立ち上げたコミュニティは、ビジネスとしての案件を計画し、遂行させていくためのものです。

たとえそれが、芸術的な案件であってでもです。

先日、とある起業セミナーに参加したところ、「100億円があったら何に使うか?」というお題が出され、皆で討論し合いました。


2020/04/01

伝説のYou Tube動画から動画プロモーションの手法について学ぶ








ギャップ法 動画プロモーション You Tubeでの宣伝 広報


canva 提供者:freestocks.org






1 広報としての動画作成




You Tubeが世に広まり、個人の動画を不特定多数の人に見てもらうことが容易となりました。

それに従い、一般企業も広報の一環として動画を活用し始めました。





そんな状況の中、起業した私も、プロモーションの手段として動画を活用すべく、まずは動画広報のイロハを学ぶためにセミナーへと行ってきました。



2 震災で壊滅した企業が作成した伝説の動画




野毛印刷社さんが主催していたそのセミナーは、訴求層の違いに応じた戦略など、分かりやすく理解できたのですが、その中でも、岩手県盛岡市の企業・東山堂さんが、社運を賭けて作成した動画が心に刺さりました。

そのセミナーのキャッチコピーは、「伝説のYou Tube動画から学ぶ」と銘打っていただけに、その動画は私が知らなかっただけで有名のようでした。

東日本大震災で壊滅させられた会社が、後のない捨て身の状況の中、運営する音楽教室への入会を呼びかける動画として作成したとのことでした。


3 社運を賭けて作成した3分半の動画




2020/03/10

ブランディングとは企業が社会へ提示する揺るぎない価値観  株式会社シンサイト






ブランディング BRAND Branding


canvaより


昨今は、企業のブランディングに関する重要性が説かれます。

ブランディングとは、単なる差別化やマーケティングの延長ではなく、企業そのもののが社会に堂々と提示する、揺るぎない価値観であるとの認識が海外では一般的なようです。




ということでまず、私が社の信条として第一に考えたものは、


心眼(しんがん)を開き、

やるべき事の真贋(しんがん)を見極め、

心願(しんがん)を込める人たちのために働こう。


でした。